2022年04月15日

UTAの輪の中でともに学ぼう 2753


2753) 真っ直ぐに自分を思える、本当に待ち続け待ち侘びてきた自分の心の底からの思いを知ることになる、それはそれは本当に嬉しいですね。これほどの喜び、幸せはないでしょう。自分を信じて、ずっとずっと信じて待ち続けてきた自分を知る、感じ広げていける、そんな時にようやく巡り合ったんです。他ならない自分です。自分の思いです。どんなにこの時を待ち侘びてきたことか。目を閉じて思いを向けてこのことを心にひしひしと感じられるなんて、本当に幸せ者です、私達は。
どんなに愚かな愚劣な苦しみのどん底をのたうち回ってきたことか、それは全部自分の心が知っています。物語ってきます。間違ってきたと、苦しかったと。そして、自分の中の温もり、喜びを捨て去ってきたことを知っていけばいくほどに、何と不思議な、その思いの底からどんどんせり上がってくるのは、喜びです。嬉しい、嬉しい、ありがとうと次から次へと湧いて出てくる自分の思いです。
ここを知っていけば、感じていけば、もう誰が何と言おうと、この道、ここだ、間違いないと自ずとなってきます。ともに生きていく、存在していく、ひとつだという思い、波動をどんどん受けて広げて深めていこう、そう思える私達が本来の私達です。しっかりと確実にその思いを重ねて自己確立の喜びをあなたの心にも打ち立ててください。
posted by ユーティーエーブック at 16:27| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UTAの輪の中でともに学ぼう 2752


2752) 今をありがとうの思いで通過しているあなたでしょうか。何かまだまだくすぶり続けているものがありますか。そうであるならば、今ですよ。今そのくすぶり、うずきをしっかりと確認して、そして本当に自分は何のためにここにあるのかと真っ直ぐに自分に問い続けてください。
問い続けていくんです。何度も何度も。その時々の心の状態は違うと思います。肉に繋がる心の状態は、肉の状況によって変わります。
そうではない、そうではない何かしら自分の中に揺らがないもの、何かそういうものを感じていくまで、その感じ方が段々強くしっかりとしてきたと感じていくまで、どうぞ、自分に問いかけていってください。
肉基盤の心はその時々で様々な顔を覗かすけれど、本当の自分の心は一定、安定しています。外の風景がどう変化しようとも、もう自分を売ることはない、自分の心の風景は定まっているからと、シンプルに答えてきます。
その自分とともに生きていく、歩いていく時間と空間を、今、肉を持っている今、存分に味わい広げていってください。
posted by ユーティーエーブック at 16:24| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月09日

UTAの輪の中でともに学ぼう 2746


2746) 私達の本質が愛だから、その自分に目覚めよと自らを促していく、本当にすごいことです。愛、ああ私達は愛を知らなかった。本当の愛を肉で塗り替えてしまった。そのことに長い長い間気付けずにきました。今も肉的な愛に引きずられ、振り回され、自分自身を見失っている私達なのでしょう。
自らに目覚めるために、本当にこれはすごいことです。すごいということは、どんなにその真実から私達は遠くに離れてしまったかということを同時に伝えます。けれど、どんなに遠くに追いやり見失っていても、必ず必ず、元あったところへ自分を戻す、自分の中の愛、本当の自分に目覚めていくということを約束してきました。決意してきました。これもまた確かなことです。思いを向けて、正しい瞑想、田池留吉を思う瞑想の中で、このことを自分の心で感じ信じられるように、今という時を大切にしていきましょう。愛へ帰る、それは自らに発信する至上命令です。
posted by ユーティーエーブック at 08:50| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UTAの輪の中でともに学ぼう 2745


2745) 自分の中で自分と語れる今が嬉しいです。ありがたいです。どんどん自分を語っていきましょう。目を通し耳を通し伝えくる思いを受け止め、そして自分の中で語り合う、伝え合う時間と空間があることに感謝です。
生きる方向、見ていく方向を間違えてきたけれど、その軌道修正を促されている、自分自身に促していることを、素直に真摯に受けていってください。生きる方向、見ていく方向を間違えてきた私達人類だということは、形ある世界が崩れていくことで証明されていきます。
思いの向け先、心の針の向け先を180度変えていかない限り、どうにもならないことがはっきりと示されていきます。
自分達は一体どういう存在なのか、心で分かっていくように自らをいざない続けていくでしょう。愛だからです。私達の本質が愛だから、愛に目覚めよと自らを促していくのです。
posted by ユーティーエーブック at 08:47| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月02日

UTAの輪の中でともに学ぼう 2739


2739) 心に上がってくる思いをしっかりと確認しましょう。時間に追われている生活の中では、自分の心の叫びと真向かいになることは難しいかもしれません。けれど、その中においても、心を見るということは決して疎かにしないで、肉的なことが一段落すれば、静かに思いを向ける時間と空間を自分に用意するようにしてください。
私達の心の中には、根源的な寂しさ、寂寥の思いがあります。本当の自分を捨てた心に、本当の自分を復活させない限り、この根本的なものは解消されません。神を求めても、金を手に入れても、解消されません。
自分の中の本当の自分の元へ帰る以外に道はないのです。その帰り方、帰る方向が分からず、闇黒の中を苦しみ彷徨い続けてきたのが私達です。
田池留吉の意識の指し示す方向といっても、本当にあなたはその方向を知っていますか、定まっていますか。
肉ある限り精一杯学びましょう。自分に誠実に生きていきましょう。
posted by ユーティーエーブック at 15:45| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UTAの輪の中でともに学ぼう 2738


2738) 嬉しい、ありがとうの日々でしょうか。お互いに日々色々あると思いますが、心を見て、思える今を喜んで過ごしていきましょう。
掴んできた思い、握ってきたものを教えてくれる今なんです。目を通し耳を通し心に上がってくる思いを受け止め、この世的な良い悪いの判断ではなく、自分の心がそれを通して語ること、叫ぶ思いを確認です。
嬉しい、ありがとうの世界とはほど遠い世界を自分の中に作り上げてきたと分かるはずです。本当の私達の世界は、嬉しい、ありがとうと喜びしかない世界だけなのに、なぜこんなにも次から次へと色々な思いが飛び出てくるのかということです。大きな隔たり、決して交わることのないのが、肉と意識の世界です。
肉という形を持って意識の世界を学ぶという難しさとありがたさの両面に挟まれながらも、やはりありがとうの面をすうっと伸ばしていってください。ありがとうがありがとうを生んでいきます。それを繋いでいけば、心は自ずと広がっていくのではないでしょうか。どんな思いもありがとうで受けていきましょう。
posted by ユーティーエーブック at 15:40| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月26日

UTAの輪の中でともに学ぼう 2732


2732) 機嫌良く日々を過ごされていますか。どんな思いを出してきたか、様々なところから知っていってください。そして、ありがとうと前向きに受け止めていきましょう。どうか、ぶつぶつと不平不満愚痴だけは止めにしましょう。暗い顔も止めてください。せっかく今という時を自分に用意しているのだから、その今という時をありがとうという思いで過ごしてください。
本当にありがたいですよ。心を見て、思えば、どんなに自分は恵まれてきたか、あんなことも、こんなこともみんなみんな、よかった、本当のあなたに気付いてくださいという促しだったと、それぞれの心で感じ取れると思います。
自分の時間を大切にありがとうで過ごしていきましょう。肉のみで生きてきたこれまでの転生。そして、今世、ようやく肉の自分だけではなく、思いの世界にある自分に心を向けていこうとする時間を迎えることができました。その比重を後者にどんどん移していきましょう。
次元を超えていくという意識の流れの計画の遂行に万全を期してください。
posted by ユーティーエーブック at 17:29| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UTAの輪の中でともに学ぼう 2730


2730) 私達は闘いが好きです。闘って闘って、勝ち負けをはっきりとさせて自分の領域を広げていく、宇宙時代がそうでした。宇宙、心の世界の中で闘い続けてきました。その心のまま、その思いを引っさげて私達は、三次元にやってきました。闘いのエネルギーを自分の中に収めようと、なぜこんなにも苦しみの中に自らを落とし込めていったのかと知るべく、闘いのエネルギーを形で自分達に見せる、それがこの次元です。
当然のごとく、私達の歩んできた時間は闘い、戦争の歴史でした。地球上のどこに生まれてきても、どの時代を迎えようとも、闘いに明け暮れてそして肉を終えていく、そんな繰り返しを延々とやってきたのでした。
本当に愚かなことをどこまでやればと思いますが、その愚かな自分達だったと自ら認めていくには、まだまだ時間が必要です。必要ですが、それにも限りがあります。そう、意識の流れの計画は、すでに次の段階へと進められているからです。この次元を超えて、自分達の世界をさらに学んでいくという計画です。そこのところを、どうぞ、今肉を持っている今、しっかりとはっきりと心で確認してください。
posted by ユーティーエーブック at 17:25| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月19日

UTAの輪の中でともに学ぼう 2723


2723) 自分の心の中をじっくりと感じていきましょう。心の中、肉にまつわる心の中は苦しみの中にあります。どんなに喜びだ、幸せだと言っても、肉本位の心の状態は、本来のあるべき状態でないから、本当の喜び、幸せの中とは言えません。確かに感じている喜び、幸せ、嬉しい、ありがとうの世界はあるでしょう。けれど、それは一過性のものです。条件が整い、環境が変われば、いかようにも変化していきます。つまりは不安、恐怖、寂寥からくる呪い、恨み、妬み等々の世界へと様変わりしていきます。元々、肉の世界の喜び、幸せは、そういう暗いものと背中合わせの喜びと幸せだからです。局面が変われば、くるりと裏返しになって現れてくるそれらの暗い世界です。
そうではなくて、裏も表もない、ただただ喜び、幸せ、温もり、安らぎの世界を自分の心の中でじっくりと感じていきましょうということです。感じていくというよりも、その世界こそが、唯一自分自身だと知って信じていく方向に、心を見て学んでいこうということです。
posted by ユーティーエーブック at 18:04| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UTAの輪の中でともに学ぼう 2721


2721) ともに帰る、この思いをしっかりと心に広げて、自分のこれからを見てください。自分に目覚めていきましょう。本当の自分を復活させていきましょう。嬉しいではないですか。何て幸せな私達でしょうか。田池留吉を思う、思える喜びと幸せ、安らぎです。自分の中にあったんです。ただただ思う喜びと思える喜びを知ってください。そうできる今を喜んで、喜んで過ごしてください。
形ある世界では、自分の中の苦しみを癒やすことはできません。誤魔化して自分を騙して生き続けてきたことを心から知っていくようになっています。その先駆けが私達の意識の世界です。と言って何も特別ではありません。何度も繰り返している通りです。私達は地に落ちた意識。その意識が決断してきたのです。それがどういうことなのか、その真意をぜひともそれぞれの心で感じ取っていただけるような学びであってください。
心に思うふるさとへの思い。どうぞ、瞑想をしてください。純粋な思いでしてください。心に思うふるさとへの思いに深く深く触れていく瞑想です。
posted by ユーティーエーブック at 18:01| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月11日

UTAの輪の中でともに学ぼう 2717


2717) 今はセミナーができないという状況ですが、その間、それぞれに時間的ゆとりができ、色々と見えてくることもあるかと思います。もちろんそれぞれに心を見るということに関しては、様々な現象があるでしょう。自分や自分の周りの人達を通して、自分の心を見る、流してきた思いを確認することができます。ありがたく受け止め、間違って存在してきたことをどんどん知っていきましょう。そして、自分の心を解き放していく喜び、幸せを広げてください。
自分は間違ってきた、何を間違えてきたのかと、自分の中を自ら緩めて認めていく方向にいかない限り、学びをしているとは言えません。
まず間違ってきたことを認めてください。頑として譲れないとしている仁王立ちの自分の滑稽な姿を確認しましょう。哀れです。哀しいではないですか。切ないではないですか。もっともっと自分を楽にしてあげてください。守るべきものは肉ではないんです。自分の心です。自分自身の切なる思いです。自分に本当の意味で優しくなりましょう。そして真なるパワーを発揮して、本当の喜びの自分の道を歩いていきましょう。
posted by ユーティーエーブック at 18:12| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UTAの輪の中でともに学ぼう 2715


2715) ありがとう。真っ先にこの言葉、この思いが心から飛び出てくるような、そんな自分の時間を生きることが、本当の喜び、幸せな人生だと思います。そこには何もありません。ただ目を閉じて思う喜びです。思える喜びです。こんな中にあったんだと、今思える、感じられることが、それがただただ喜び。そうではないでしょうか。他に何があるのでしょうか。もちろん、肉の楽しみ、嬉しさを味わう生活もいいでしょう。けれど、それはやはり本当のことを知らずでは、空しいものです。本当のこと、自分の中の真実を、今、肉を持っている今、心で知る、このことを飛ばしては、人生、空回りです。それではあまりにも寂しい、哀しい、空しい、切ないではないですか。何も知らなければそれはそれで仕方がないことですが、学びに触れたからには、自分をまたみすみす裏切ることだけは絶対にしてはならないことだと思います。自分に誠実に素直に生きていくことが、どういうことなのか、もうすでにあなたの心は知っていると思います。ともにある喜びと幸せ、安らぎをしっかりと感じ、そして自分の世界を解き放していきましょう。
posted by ユーティーエーブック at 18:08| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月05日

UTAの輪の中でともに学ぼう 2710


2710) 人間の心の中は複雑だと思います。単純なものではないでしょう。けれど、それは本当のことを知らないからです。本当の自分の存在に気付いていないからです。人間とはこういうものだと知らずのうちに思い込んでいる、叩き込まれてきた、そういうことだと思います。
そうではなくて、私達はシンプルなんです。愛しかない、喜びしかない、そんな中に私達はあるのに、それが私達なのに、複雑怪奇な化け物に自らしてしまいました。
単純に、シンプルに、素直に、今をただ喜んで、自分の愚かさをしっかりと知って、自らのあり方を正していきましょう。
本当の自分との出会い、その気になれば、それは叶えられる、可能だと伝えてくれました。その気になれば、それはそう簡単なものではないけれど、それ相当の決意で生まれてきた私達は、何としてもそれを果たしていこうとしています。その自分の思いをしっかりと受け取ってください。方向転換です。生きる方向、思いの向け先の方向を180度変えて、本当の自分の元へ、心のふるさとへ帰っていこうと自らに呼び掛けています。
posted by ユーティーエーブック at 06:55| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UTAの輪の中でともに学ぼう 2708


2708) 優しい優しい時間が流れます。自分の中に優しい時間が限りなく続いていくことを感じていますか。荒れ狂った冷たい重苦しく寂しい時間ではなくて、温かい温もり、喜び、安らぎ、どこまでもどこまでも広がっていく開放感、そんな時が限りなく続いていく、それが本当の私達の世界です。
目に見える形ある世界ではなく、見えないけれどある、自分の中に確かに響き伝わってくるもの、波動です。ともにあります、ともに生きていきましょう、ともに歩いていきましょう、ひとつですよと響き伝わってくる思いの世界に私達はあります。
心の針を向けて合わせていってください。何も思わずに委ねていく、預けていく、その喜びと幸せ安らぎを心に感じ取ってください。肉ではありません。形はありません。ただ心で感じ受け取っていきましょう。嬉しい、幸せ、ありがとう。肉を持ち、心からそう思える喜びと幸せを味わえる今を喜んでいってください。
posted by ユーティーエーブック at 06:52| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月03日

UTAの輪の中でともに学ぼう 2700



2700) 本当に心の向け先ひとつで、全く違う世界です。本当は温もりの中に喜びの中に安らぎの中に帰りたいのに、なぜその方向に自分の心の針を向けて合わせていけなくなってしまったのでしょうか。
なぜ帰りたいという自分の心の叫びを捨ててしまったのだろうか。
一度捨てた心の針を正しい方向に向けて合わせていくことは、何と難しいことなのかと、今世の学びを通して実感されていると思います。
外に向くんです。こっちを向けと言ってくる自分の存在。学びをするまでは、それが自分でありしかも偽物の自分だったなんて何とも信じがたいことでした。自分は正しい、我は素晴らしいと本当にそう思ってみんな生きてきたんだと、それが自分の自分である証だとしてきたんだと思います。
そこを徹底的に崩していかない限り、すっと真っ直ぐに真実への道は続いていきません。必ずどこかで頓挫してしまう、それが他力の恐ろしさです。
posted by ユーティーエーブック at 10:35| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UTAの輪の中でともに学ぼう 2676



2676) 限りある肉を持つ時間です。その時間の中で、いったい自分は何をするべきなのか、していこうとしているのでしょうか。自分を大切に、今という時を大切にという思いが心から上がってきます。その思いを言葉という形に変換して伝えています。
「ともにある喜びですよ。ともに生きていこう。ともに歩いていこう。本当のあなたを心で知ってください。私達は愛でした。私も愛、あなたも愛、みんなひとつ。」
そうです、思いを向ければこういう思いが、寄せては返す波のようにあなたの心に響き伝わってくるでしょう。
どうぞ、心を向けて伝わってくる波動を受け止めてください。その波動の中にひとつに溶け込んでいける喜びと幸せを、瞑想をする中で感じ育んでいってください。心で感じ分かっていく世界です。私達はその自分の世界をしっかりと学ぶために、今自分に肉という形、環境を用意しています。
苦しく辛く哀しく寂しく空しい自分をしっかりと見ていきましょう。
しっかりと知って、そしてそんな自分とともにようやく歩いていける、生きていける時を迎えているんだと喜んでいきましょう。
自分を見捨てて本当の自分の元に帰ることなどできません。
posted by ユーティーエーブック at 10:34| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UTAの輪の中でともに学ぼう 2675



2675) ともにある喜びと幸せ。ともに生きていこうという呼び掛け、いざないを心に受け真っ直ぐに歩いていく思いの世界。
そう、すべては思いの世界の出来事です。その思いの世界が自分だったと心で分かっていくことが、自分の進化です。肉を纏いながら自分を進化させていく今の段階です。次元を超えていこうとする意識の流れに乗っていくには、この段階のお勉強をクリアしていかなければなりません。
喜んでありがとうの思いで自分を学び進化していきましょう。意識の世界は限りなく続いていきます。自分を自分の意識の世界の純度を上げていく喜びの道を歩いていきましょう。
暗いまっ暗な凍えた閉塞された世界に自分を閉じ込め、押し込め縮こまっていた自分を解き放して、明るく爽やかで温かなどこまでも広がっていくところへ戻っていこう。
待っている。本当の自分がそこにいる。心を向け合わせていきましょう。
posted by ユーティーエーブック at 10:33| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月01日

UTAの輪の中で共に学ぼう 2704


2704) すべては意識の流れの中に。意識の流れが伝えてくれることがすべてでした。そこへ心の針を合わせて、ともに喜びへ温もりへ本来の自分達の世界へ帰っていきましょう。ああ、こんな時を迎えるなんて、本当に幸せです。
「喜びがあなた、あなたは愛、さあ、ともに行きましょう。ともに進んでいきましょう。ひとつになって、愛、心のふるさとへ、私達とともに。」
メッセージを波動で伝えてくれます。
どうぞ、心の針を向け合わせてください。今という時がどんな時なのか、心で感じてください。肉を持ち本当のことを自分に伝えよう、伝えたい、何としても伝えたい、そんな思いを抱えて生まれてきたこと、産んでもらったことを、心に確認してください。その確認、確信がないまま、肉を前に出してしたり顔で生きてきた愚かで哀れな自分達だったと、心から知っていけば、もう何も言えないはずです。ただただ、今という時、今、自分に肉を用意している今という時にありがとう、ありがとございますということだけだと思います。
posted by ユーティーエーブック at 10:10| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UTAの輪の中で共に学ぼう 2700


2700) 本当に心の向け先ひとつで、全く違う世界です。本当は温もりの中に喜びの中に安らぎの中に帰りたいのに、なぜその方向に自分の心の針を向けて合わせていけなくなってしまったのでしょうか。
なぜ帰りたいという自分の心の叫びを捨ててしまったのだろうか。
一度捨てた心の針を正しい方向に向けて合わせていくことは、何と難しいことなのかと、今世の学びを通して実感されていると思います。
外に向くんです。こっちを向けと言ってくる自分の存在。学びをするまでは、それが自分でありしかも偽物の自分だったなんて何とも信じがたいことでした。自分は正しい、我は素晴らしいと本当にそう思ってみんな生きてきたんだと、それが自分の自分である証だとしてきたんだと思います。
そこを徹底的に崩していかない限り、すっと真っ直ぐに真実への道は続いていきません。必ずどこかで頓挫してしまう、それが他力の恐ろしさです。
posted by ユーティーエーブック at 10:07| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月19日

UTAの輪の中で共に学ぼう 2696


2696) ともに歩いていこう。ともに同じ方向に心の針を向けて合わせていこう。この思いを、どうぞ、いつもいつも持ってください。
目を閉じて思いを向けるとき、自分の中のたくさんの意識達に、つまり自分にこの思いを向けて、そしてともに思いましょう。
ひとつになって、心のふるさとを思う。確かな喜びと幸せの中にあると感じられる。それはそれは嬉しいことではないですか。自分の中の安らぎ、温もり、幸せ感、それは形ある中では決して分からない、言葉にならないものです。心の針を向けて合わせていける喜びと幸せを自分の中で確立しましょう。
心を労りましょう。身体を労りましょう。自らの真実に目覚めるために用意してきた肉の心と身体。ありがたく喜んで活用して、そして遙かなる宇宙へ帰る道を勤しんでください。
ともに歩いていこう。ともに同じ方向に心の針を向けて合わせていこう。
ともにあります、私達はひとつですと心の中にしっかりと感じてください。
posted by ユーティーエーブック at 08:54| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UTAの輪の中で共に学ぼう 2695


2695) 自分で気付くということが大切です。ああそうだったと、間違っていたと中から伝わってきます。本当の自分が伝えてきます。受け止めてください。ゼロ歳のあなたになって受け止めてください。
本当の自分。その本当の自分の思いに沿って肉を流していく、そういう生き方をしてみましょう。いつもいつもどんな時も、己という肉を前にせり出してきたんです。だからいつまで経っても闘いのエネルギーをまき散らしていくこととなり、結果自らを苦しみの奥底に沈めてきました。
そこから今世、決死の覚悟で自らの真実に目覚めようと肉を用意しました。
その思いを決して無駄にすることなく、どんどん自分の間違い、愚かさに気付いてください。
気付きは喜びです。気付きから新たな一歩を自分の中に踏み出していけるんです。新たな一歩です。心の向きを変えて新たな一歩を踏み出していきましょう。
posted by ユーティーエーブック at 08:21| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月12日

UTAの輪の中で共に学ぼう 2684


2684) 「ありがとう。ありがとうございます。ありがとうございました。」そうして今という時を受けていきましょう。今という時、今の肉、今の環境。自分を自分の世界をしっかりと見て真っ直ぐに見て、ともに思いましょう。
田池留吉、アルバート、そしてお母さんを心に呼んで思いを向けていきましょう。
己、己、己.聳え立たせて間違った自分を自分だとしてきた大きな大きな過ち。心から詫びてください。本当の自分に心から詫びて、そしてそこから新たな一歩を踏み出していきましょう。
帰るところがあった。待ってくれている、信じて初めからずっと信じていてくれていた存在がありました。心で見つけてください。心に知ってください。どんなに幸せな私達ではないでしょうか。こんな嬉しい、本当にすごいことを肉を持ち伝えていただきました。肉を持てたからこそです。
「肉を持ちたい。」「肉を持って本当のあなたをしっかりと知っていくんですよ。」そんな意識の世界のやりとりがあったからこそです。
ただただそれはありがとう、ありがとうございます、ありがとうございました、それだけです。
posted by ユーティーエーブック at 15:43| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UTAの輪の中で共に学ぼう 2683


2683) まだあなたは出口の見えない長い長いトンネルの中かもしれません。真っ暗闇が行けども行けども続いていくトンネル。寂しさが苦しさが空しさが恐怖が襲ってくるでしょう。けれど、出口が見えないと思っているのはあなたの思い違いだったらどうしますか。本当は開け放たれた中にずっとあった、そこは温かくて何とも言えない安らぎに満ち満ちている。
そうであるのかどうなのかは、自分で見極めていかなければなりません。
幸せになりたい、本当のことが知りたいと思っても、その思いを現実のものとしていくには、自分の心の針の向け先ひとつだと、私達は今の肉を通して学ばせていただきました。
すべては思いの世界の出来事。自分は何をつかみ何にとらわれているのか。何をよしとして何を信じているのか。温もりに喜びに帰りたいと言いながら、心は肉という影を離そうとしない。自分の中にすべてがあると伝えてもらったのに、自分の外に探し求めていこうとする癖がまだまだ強い。何もない時は中へ中へと思っているけれど、事が起これば途端にその針の向け先が怪しくなる。その他色々と自分を学ぶことができます。肉を持っている今、しっかりと自分を学ぶということをしていきましょう。
posted by ユーティーエーブック at 15:39| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月05日

UTAの輪の中で共に学ぼう 2681


2681) 遙かなる時を経て、そして遙かなる彼方へと続いていく意識の世界。どうぞ思いを馳せてください。母なる宇宙へ思いを向け、ともに帰っていこうとする仲間達を心に思い、どんどん歩みを進めていきましょう。宇宙、私達の宇宙、私達のふるさと、宇宙です。
宇宙を思って瞑想をしてください。自分の中から自分の奥底から噴き上がってくる叫びをしっかりと受け止めていきましょう。
肉という形を持ちながら、肉、形ある世界から形のない世界へ軸足を移すということを実践です。自分の中に意識の流れを感じるということは、その実践を自ら促しているからです。ともに生きていこう、ともにありますといういざないにしっかりと応えて、本当の喜びと温もりの世界を心で知っていきましょう。
田池留吉、アルバートと心から呼ぶ思いは純粋ですか。純度を上げてただただ真っ直ぐに喜びで思ってください。田池留喜、アルバートの世界は私達でした。自分を呼んで自分に帰っていく、その道筋をきちんとはっきりと自分の中で見出してください。
posted by ユーティーエーブック at 16:18| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UTAの輪の中で共に学ぼう 2680


2680) 自分はいったいどんな存在なのかを心で知っていける、感じていけるんです。このことをどう思いますか。自分が今ここにあること、それがどういう意味なのか、本当に心で感じていますか。
生まれてからずっと肉のことをして、そして死んでいく、その過程で使った思い、流したエネルギーなど眼中になく、ただ肉の自分を自分だとして時を刻む、こんな人生からもう卒業しましょう。
あなたは今、本当に幸せですか。過去を問うても仕方がありません。喜びと幸せの人生などとはとてもとても言えないでしょうから。それよりも今です。今が本当に幸せで、本当に自分の生きる方向を定めていると思えたならばそれでよしです。その思いを確信へと繋げていきましょう。なかなかではありますが、一歩、着実な一歩を前に進め、今世という時を転換期にして、さらなる意識の世界へ歩いていきましょう。
posted by ユーティーエーブック at 16:12| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月21日

UTAの輪の中で共に学ぼう 2666


2666) 心を見る。暗く苦しく辛く哀しく寂しいときはもちろんです。喜んでいる、嬉しい、幸せだと思うときも心を見る。どんなときも心の針を中に向けて、田池留吉を思う、真摯に真っ直ぐに思う。
この姿勢を保っていきましょう。真っ暗闇の中にあった、ある私達です。そのことを心に留め置いて自分を見ていきましょう。
自分の中の切なる思いを遂行していくことはそんなに容易いことではありません。言い換えれば、それほど肉という基盤が堅固ということでしょう。
ただそれでも、前を向いてありがとうの思いで、自分の中の凄まじいエネルギー、狂ったエネルギーを知って感じていく方向に歩みを進めてください。肉の中では何も分からない、変わりません。私は本当の自分を復活させていくんだ、本当の自分とともに生きていこうと決断してきた自分の中の切なる思いを心に、自分を真っ直ぐに見てください。肉の自分ではなく、遙か遙か彼方からやってきた自分の世界に、自分に思いを馳せてください。
自ずと心は田池留吉を呼んでいます。思っています。ただただ待ってくれていた本当の自分の中へ帰っていきましょう。
posted by ユーティーエーブック at 19:41| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UTAの輪の中で共に学ぼう 2665


2665) 生まれて死ぬまで自分の思い通りの時を刻んでいく人など存在しません。みんなそれぞれどこかで頭を打つ、悩み苦しむ、寂しさに哀しさに空しさに苛まれる、そういう場面を用意しています。
それをバネにして肉的に頑張る人は人生の勝者になり得るかもしれません。けれど、たとえ人生の勝者になろうとも、それで本当のことが分かるということではありません。むしろ、本当のことを知っていく、分かっていくところから遠のいたと言ってもいいかもしれません。
そもそも、人生の勝ち負けを云々するという時点から、もうすでに私達は大きな過ちを犯しているんだということでしょう。
本当に根本を変えていかない限り何も事は始まらないということを、それぞれの心で実感されていると思います。自分の心の針の向け先をしっかりと確認して、正しい方向に定めていけるような人生の時を刻んでいきましょう。
posted by ユーティーエーブック at 19:37| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月14日

UTAの輪の中で共に学ぼう 2661


2661) 自分が本当に幸せだ、心からそう思えればそれでいいんです。それは何もなくても、誰もいなくてもという意味です。ひとりある中に思う思いの世界と真っ直ぐに向き合いましょう。何かで自分を紛らわせて、心を逸らすのではなく、自分の心に上がってくる思いとしっかりと向き合ってください。
それをする、できる肉を持っている今を大切に喜んで自分を見ていきましょう。そして、心からありがとう、お母さんありがとう、生まれてきてよかった、産んでくれてありがとうと、数知れない母の意識に真っ直ぐに応えていってください。心に返ってきます。幸せなあなたをどんどん知っていってくださいと。素直にしっかりとその波動を受けて、さらに自分を迎え入れていきましょう。
そして、宇宙を思ってください。宇宙と心に呼んでみてください。遙か遙か彼方からやってきたと、懐かしい何とも言えない思いが蘇ってきませんか。私達のふるさと母なる宇宙。母なる宇宙とともに生きていくこれからだということを心に感じ、三次元のお勉強の締めくくりとまいりましょう。
posted by ユーティーエーブック at 18:18| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UTAの輪の中で共に学ぼう 2660


2660) 私達はどういう存在なのか、生まれてくる、生きていくとはどういうことなのか、それぞれがそれぞれの心で本当に分かってこなければ、闘いのエネルギーを収束することはできません。
己を掲げ、真っ暗な世界の神を掲げ、闘いのエネルギーで相手を完膚なきまでにたたきのめすということでしょう。綺麗な言葉を重ねても我一番なりの思いが仕事をするから、自ら真っ暗闇の中に沈んでいく結果となってきました。それがこれまでの地球上で繰り返されてきたことでした。
安全、安心、平和とはほど遠い、似ても似つかない闇黒の世界を繰り広げてきたことを、自らに知らしめる、それが意識の流れの計画です。
私達は愛でした、本当の自分を心に復活させていきましょうと、自らにメッセージを送り続けています。心に取り戻していきましょう。元合った喜びの私達へ帰ってくることを信じて待ってくれている自分をどんどん確認していってください。それが喜びの道です。自分達の本当の姿を心で知っていくことが待たれています。
posted by ユーティーエーブック at 18:12| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月08日

UTAの輪の中で共に学ぼう 2654


2654) 田池留吉を思い、学ばせていただいた時間を思うとき、真摯に素直に真っ直ぐにということが心に伝わってきます。真摯に真剣に学びと自分と向き合ってくださいという学びの姿勢を伝えてくれます。
あと、ゆったりとゆったりとして、喜びの中にある自分達であることを心から感じてください、知ってくださいという思いも伝わってきます。
どんなときもいつもいつも、心を開いて全開で待ってくれている世界を伝えてくれています。大変ありがたいです。思う思いの向け先を知った心に感謝しかありません。本当の自分を知らずに自分をないがしろにして、偽物の自分の世界を作り上げることに腐心してきたことを、今世の肉を通して学ばせていただきました。本当に愚かな道を歩き続けてきたんです。けれど、そんな自分を心から信じて待ち続けてくれていた波動、思いの世界と出会い、本当に私は救われました。自分を自分で認めて自分を救い上げていく、そんな温もりの中、喜びの中、安らぎの中にあったんです。
見ていくのは、自分の中の本当の自分でした。心を逸らさずにしっかりと自分と向き合って、そして限りなく続く自分へ帰る道を進んでいきましょう。
posted by ユーティーエーブック at 07:55| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする