2020年11月29日

2222



2222) 自分の中にすべてがあります。苦しみも悲しみも喜びも温もりも、みんなみんな自分の中にありました。そして本当は喜び一色の自分の世界だったのに、真っ暗闇の世界を自ら作り上げてしまったことに、心で気付いていけば、もうあとは、その喜び一直線に進んでいけばいいというところまで、私達は今世の肉を通して学ばせていただいています。
それこそ、あとは自分次第です。喜び一直線の道はすでに明らかになっています。心で感じられるか否か、そして、信を深め強くしていけるかどうか、様々な現象を通して学んでいく実践の場が用意されています。
自分を繋ぐ、自分の心、意識の世界を繋ぐことを念頭に、今世の学びを精一杯進めてください。三次元最終時期が射程距離に入るように、喜びで学んでください。
posted by ユーティーエーブック at 09:48| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

2221



2221) 自分の心で分かる学びです。自分の心でしか分からない学びです。それでは、自分の心で分かるにはどうしていけばいいのかということになります。
自分の中にすべての回答はあるということを学ばせていただきました。
それを証明していくことが学びを進めていくことになります。学びを進めていけば、それが証明されてくる、だから益々瞑想でしか、思いを向けることでしか分からないと分かってきます。
ひとつの肉を通して自分を学べる今、これこそが喜び、幸せの中にあるということです。自分の本当の姿を見失ってきた私達にとって、本当の自分の存在を信じていくことは困難を極めますが、日々の生活の中で自分のエネルギーを知り、自分自身を知り、そんな自分とともに本当の自分を思える時間があるのだから、それを淡々と素直になって実践していくしかありません。
その実践を通し、少しずつ自分の中が開いていけば、軽くなっていけば、こんな幸せな人生はないと確信していきます。肉でない自分の世界が明らかになっていく方向に生きていこう。今世こそ、自分は肉ではなかったと感じられるような人生にしてまいりましょう。それは遅きに失するということはありません。
posted by ユーティーエーブック at 18:58| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月22日

2168



2168) 本当の自分を捨て去り偽物の自分を自分だとしてきた愚かさ。愚劣さ。それを今の肉を通して学ぶことを設定してきたんです。立派な素晴らしい自分になるためではなくて、どうしようもなく愚かな自分を知るために生まれてきました。設定通り、次から次へと愚かな自分が現れます。さあ、どんどん知ってくださいと本当の自分からの計らいです。
そういうふうに、日々過ごしていきましょう。生きていく方向、見ていく方向を変えていけば、本当の幸せとか喜びとか、自ずと自分の中に響いてきます。元々そんな自分の世界があったのに、そこから飛び出して、自ら苦しんできたことが心で分かります。そうなれば、自然と自分に詫びています。ごめん、そしてありがとうが出てきます。自然の流れです。
自分という存在、今ここにあることがもうそれがすでに喜びだった、こんな簡単なことが今の今まで分からなかったんだ、気付けなかったんだとなってきます。
心を自分の中に、中に向けていきましょう。どうしようもなく愚劣な自分がどんどん現れてくるけれど、それはすなわちみんな喜びの幸せな自分だったと本当に心の底から思えるようになっていきましょう。そうなっていけるんです。私は愛、あなたも愛、ひとつということはそういうことです。それが喜びの道です。幸せの道です。愛、心のふるさとへ帰る道です。
posted by ユーティーエーブック at 09:07| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月19日

2218



ともに歩みを進めていく、進めていける喜び、幸せを感じていますか。私達はひとつです。ただ、ひとつはひとつでも、あなたの心が心の針が、私達と同じ方向を向いていなければ、あなたは「ひとつ」だと感じられないでしょう。その思いが自分を裏切り見捨て切り捨てていくことを、今世のその愚かな肉を通してしっかりと学んでいきましょう。
何をするために自分に肉を用意したのかということを、本当に心から心の底から感じていきましょう。
ありがとうの言葉、思いしか出てこないと思います。地に落ちた意識、どうしようもない意識、そんな自分達に用意したチャンス、千載一遇のチャンスです。どうぞ、本当に肉持つ最後の最後までしっかりと自分を学んでいきましょう。
posted by ユーティーエーブック at 10:42| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月14日

UTAの輪Webinar瞑想会(2020年11月13日)最後のコメントと異語

posted by ユーティーエーブック at 09:38| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2212



2212) 肉を通して確認する自分のエネルギー、すなわち自分自身。今そんな時間をそれぞれが持っています。その幸せな時間の中で感じ知っていったことを、肉のない仲間、三次元にやってこれなかった仲間に心から伝えてください。
伝えると言っても、肉では頭では分かりません。だから思うんです。宇宙と思ってください。肉を持つあなたがそういうふうに思いを向けようとすればそれでいいんです。肉のあなたの思いなどどうでもいいんです。ただ、あなたは今、肉を持っている、そして思いの方向をしっかりと定めようとしている、その思いが仕事をしていきます。
意識の流れが仕事をしていきます。田池留吉、アルバートの波動の中にある喜びが仕事をしていきます。肉でどうのこうのと斟酌しているうちは、まだまだ道遠し、場合によっては方向が多分にずれているということです。
どうぞ、思う喜び、思える喜びを感じ、思う喜び、思える喜びはすごいことを知ってください。肉を持ち学びに繋がったことは本当にすごいことでした。
posted by ユーティーエーブック at 09:25| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月07日

2020年11月6日UTAの輪Webinar瞑想会最後のコメントと異語

posted by ユーティーエーブック at 09:57| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2204



心に呼ぶアルバート。アルバートと心から思える、呼べる、どんなに幸せなのでしょうか。待って待って待ち侘びて、ようやく現実に心に広がっていくアルバートの波動の世界でした。母なる宇宙へ帰ることが現実のものとして心に響いてきます。心から切望してきた思いをしっかりと広げ、私達は帰りますと、心に交信する宇宙達の思いとともに生きていけるこれからの時間、心からありがとうで受けていってください。
肉を持ったからこそ、持たせてくれたからこそ、出会えた真実の道でした。
その肉は相変わらず愚かです。ただ、私は肉でない、私は意識、意識の私からの世界から伝わってくるメッセージだけを信じて、その方向に心の針を向けていくことをしていきましょう。そうしていくことを、今世の肉を通して学ばせていただいたことが、本当にありがたい、これほど幸せなことはありません。愚かな生き様を繰り広げてきた、真っ暗闇の中を生きてきた私達だけれど、すべてが愛の中の出来事だったと心で学ばせていただける今が本当にありがたいです。(異語)
posted by ユーティーエーブック at 09:43| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

2198



2198) 自分との約束。本当の自分との約束です。田池留吉を思う正しい瞑想を継続して、その約束を果たしていこう、果たすことがすべてだ、それが喜びだという思いを確認していますか。
真実の世界は自分の中にありました。愛が自分でしたという真実に辿り着いた人は、過去皆無だったことも自分の心で分かります。自分の外に色々なこと、喜びや幸せや温もりを探し求めてきた愚かな自分を知っていきましょう。そうだったと知っていけることが本当に嬉しいことです。
そうすると、こうして、今、肉を自分に用意していることが喜びとして心に湧き上がってきます。ふつふつとした喜びです。何にも代えられない喜び、幸せです。肉を持ったからこそ、巡り会った喜び、幸せです。大切に大切に広げていきましょう。
その肉を持ったからこそ、巡り会った喜び、幸せの思いの中で、自分の中の闇黒の宇宙と語る、異語を通して交信する瞑想をしてください。これもまた瞑想の醍醐味です。宇宙を思う、闇黒の宇宙とともに母なる宇宙を思う、喜びの瞑想を継続してください。
posted by ユーティーエーブック at 16:38| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2197



2197) 田池留吉の意識の世界が整えてくれた250年後、三次元最終時期に向けての舞台設定、本当にありがたい。ありがとう、ありがとうと受けていきましょう。心の中の切なる思いを、今世を境にしてどうぞ、しっかりと自分の中で果たしていってください。舞台設定はすでに整えられています。あとは、それぞれの心次第です。
形の世界でどんなに公平、平等を叫んでも、それは決して叶わないことです。なぜならば、形ある中で、不公平、不平等から起こってくる様々な思いの世界を学ぶという設定だからです。
肉を活かすための肉の世界ではなく、意識である自分、その自分の思いの世界を学んでいくための肉、肉の世界だということでした。それがどうしても私達には分からなかったことでした。
初めて、今世、学ばせていただき、ようやく、自らの間違いに気付き始めようとしています。心の針を正しい方向に向けてということを学び始めました。
ありがとう、ただただありがとうと、自分を、自分の生きる方向を真摯に見ていきましょう。間違ってきたけれど、信じて待ってくれている思いに触れていけば、もうただただありがとうしかありません。
posted by ユーティーエーブック at 16:35| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月25日

2190


2190) ようやく、今世、今という時、心の底から宇宙を思える、闇黒の宇宙を思える、それがどんなに幸せなのかは私の心が知っています。呼びたかった、出会いたかった、ともに行きたかった、そんな思いを心に、三次元にやってきました。必ず約束を果たすという自分の思いを捨て去り、私は、肉本位で生きてまいりました。そんな私の意識の世界に衝撃が走りました。ようやくです。目覚めよ、目覚めなさい、自らに計画してきた最後のチャンスでした。それが今世でした。今の肉を通して学ばせていただきたいと切望してきたのです。ああ、お母さん、あなたの伝えてくれた通り、真実の世界から肉を携えてやってきてくれました。出会いを持たせていただきました。どんなに私の中が喜んでいたか、瞑想をして、その思いの私と出会うたびに、こんなに幸せな時間を自分に用意してきたことが、もうありがたくて、ありがたくてと、涙が溢れてきます。静かにゆったりと思いを向ける、そして勢いよく迫ってくる宇宙達の思いを受け止める、そんな心の中の出来事を喜んでいます。本当に出会いをありがとう、今はその思いでいっぱいです。
posted by ユーティーエーブック at 08:42| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2190

posted by ユーティーエーブック at 08:41| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

2182



2182) 闇。三次元最終時期に向けて、これからさらに闇の世界が明らかになってきます。漆黒の闇。心の闇が色々な形を通して私達に伝えてきます。心を見ることを学ばせていただいた私達です。心の管理、心の針の向け先の管理を怠らずにしていきましょう。
心を見る、正しい心の向け先を知らない人達にとって、これまでにも増して苦難の時を迎えます。例えば、人生とは何か、自分は何故生まれてきたのか、自分の中のこの苦しみは一体何なのかと、心の隙間に忍び寄ってくる言い知れぬものに自らの命を絶っていくという報道も、最近立て続けにありました。もちろんこれは一例です。
外目からは順風満帆の人生と映るかもしれませんが、とんでもない、心の世界、意識の世界は七転八倒の苦しみです。
今、肉を持っている今、そのことを学ばせていただいてきた私達は、どれほど幸せ者かということを、これから色々なことを通して知っていくでしょう。
愛、本当の自分の世界に帰っていく以外に道はありません。肉として、肉で生きてきたという過ち、間違いに心から気付いていく以外に、漆黒の闇から自分を浮き上がらせることはできません。三次元最終時期までもう時間はないことを、それぞれの瞑想を経て心で知ってください。
posted by ユーティーエーブック at 08:50| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

2180



自分はエネルギーだ、淡々と感じながら、日々肉は淡々と生活を繰り返していく、そういう時間を重ねていけば、世の中の流れとは違うところに、自分が存在すると自ずと分かってくるのではないでしょうか。
だからといって、疎外感があるかと言えば決してそうではないと思います。むしろその反対です。自分の人生、肉を持つ時間の意味を真正面からとらえ、かえって本当の人生を生きていこうと力強い頼もしい思いが出てくると思います。
今世こそ、そんな人生の時を刻んでいきましょう。肉に流れていくのは簡単です。けれどその結果は嫌というほどに知っています。肉、形の世界の明るさは偽物だった、それは漆黒の闇の世界に繋がっている、そう学んでこられたと思います。もう苦しみの奥底に、漆黒の中に沈み込むのは嫌だ、そう心が叫んでいるでしょう。
その心の叫びを今世こそしっかりと受け止めていこう、強くて固い決意が自分に肉を持たせたと、ようやくようやくそれぞれの中に響いてきているのではないでしょうか。
どうぞ、異語で語ってください。自分に語りかけてください。必ず応えてくれます。「帰ってきなさい。待っています。ともにあります。」波動を受けてください。
posted by ユーティーエーブック at 17:30| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月30日

2158



2158) 自分を裏切らないで、自分を見捨てないで、心から悲痛とも言える叫び、必死の思いを感じていますか。感じられるあなたであってください。母の温もりの中で、安らぎの中でしっかりと伝えていただいたこと、「あなたはあなたを信じていくんですよ。あなたが信じるあなたは私ですよ。」心に思い出していきましょう。
私は素晴らしい、私を見よ、己一番のエネルギーをみんな誰もが蓄えてきました。それが自分の生きる術、生きる証だったからです。
大闇です。ですが、反転してください。大闇だからこそ、真実の方向へ転換していけば、すごいんです。次元移行への道は大きなエネルギーを必要とします。肉基盤の私は素晴らしい、私を見よというちっぽけなエネルギーではなく、基盤を変えて、大闇の仲間達よ、闇黒の宇宙よ、ともにともに帰ろうの喜びの大いなるエネルギーに転換していきましょう。
分かりますか。三次元最終時、集結して待ちに待った大いなる仕事を成し遂げてまいりましょう。250年後の再会はこれを意味します。
posted by ユーティーエーブック at 18:26| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

2157



2157) 本当の自分を知らずに生きてきたのに、なぜ私は素晴らしい、私を見よとやってきたのでしょうか。そうですね、それが本当の自分を知らずに生きてきた証拠ですね。
私達は何十年と学ばせていただいたにも関わらず、依然として己一番のエネルギーを垂れ流している現状です。
そこのところ、きっちりと心得て、学びに自分に真摯に向き合っていきましょう。こんなこといくらやってもと思いが過ぎれば、ああそれはもう言うまでもなく、まだまだ他力のエネルギーにどっぷりと浸かっているということです。自分をしっかりと管理してください。その厳しさは本当の優しさです。本当の自分からのいざないを感じていますか。どんな波動を受けていますか。
心癖はしぶといでしょう。ただ、それにも増して、いいえ比べられないほどに、もう帰っていくんだという切なる思いは強いんです。どんなに足蹴にされ、叩きのめされても、怯まない。喜びの中へ温もりの中へ帰っていこうとする心からの叫び、自分の心からの叫びを必ず実現していきましょう。
それぞれに自分を学ぶ環境を設定しています。とことん苦しんでください。ただし、苦しみだけで終わるのではなく、自分の心からの叫びを信じていく方向に、歩みを進めてください。
posted by ユーティーエーブック at 17:47| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

2148



2148) 宇宙を思う瞑想をしましょう。宇宙です。宇宙と思うだけでもう嬉しい、そんなあなたであってください。私達は遙か遙か彼方、次元を超えて今のこの地球に降り立ったのです。そして再び次元を超えてさらなる意識の世界を、自分達の世界を歩んでいく計画です。
この今の次元に留まることなく、ともに歩みを進めてまいりましょう。
肉という形を自分に持たせ、自分の蓄えてきたエネルギー、つまり闇と化した自分から本当の自分へと戻していこうと数限りない転生をしてきました。
残念ながら、転生の意味を今世に至るまで知ることなくきましたが、ようやく今世、私達の心からの思いが現実味を帯びてきました。
宇宙、母なる宇宙からの波動を受け取りました。それは心を目覚めさせるには充分の衝撃でした。私はそれをアルバートと叫びました。心から待って待ち侘びてきたアルバートの波動の世界、母なる宇宙でした。
帰ります、そう固く心に誓った約束、強い決意、思い出してください。
その固い約束、強い決意に思いを向けて、愚かな肉に引きずられることなく生きていきましょう。
posted by ユーティーエーブック at 18:50| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

宇宙を思って瞑想しましょう 1355



日々、自分の心と向き合う、それだけです。それをおざなりにしては、決していい人生にはなりません。どんなに物心に恵まれても、残念ながら、それでは本当の人生が分からないんです。本当の人生が分からないということは不幸せなことです。
要はなぜ生まれてきたのか、何をするために生まれてきたのか、自分の心でしっかりと分かる、知ることです。
心でしっかりと知って分かっていけば、どう生きていけばいいのか、自ずと分かります。そうしていけば、道が見えてくるんです。
そして、見えてきた道を、これだこれだとさらに着実な歩みを進めていく手立ては、正しい瞑想でしかありません。
正しい瞑想の純度が上がってくればくるほどに、自分がどんなに幸せな存在であるかはっきりとしてきます。幸せな存在だと感じてくればくるほどに、正しい瞑想の純度も上がるというわけです。
心地よい循環を作ってください。
posted by ユーティーエーブック at 11:54| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これからのともに瞑想会について



まだ先の話なんですけれど、去年の12月暮から上町台地のほうで「ともに瞑想会」という瞑想の時間を持たせていただいています。2回が終わりました。
……で、今は介護とか仕事とか子育てで、宿泊を伴うセミナーに参加しにくい方とか、優先枠とか、色々ございます。旧来の「ともに瞑想会」のメンバーとか、色々な人がいらっしゃいます。その中で抽選とか、人数の関係でさせていただいているんですけど、この「ともに瞑想会」、私の中で一つの方向性を示していく一つのきっかけにしたいと思いますので、これから「ともに瞑想会」に出席していただく方を選別していきたいと思います。
区別差別ではないんですけれど、ともに本当に、この道をただひたすらまっすぐに、純粋にこの道、愛へ帰る道をただひたすら、今世の肉体をいただいて学びに集った、このきっかけ、千載一遇のチャンスを、本当に活かしていこうと心の底から思える仲間と共に、「ともに瞑想会」の中で勉強していきたいという思いが、私の中で募っております。
どういう形になるか、まだ、検討中で、きっちりした形では示されませんが、もう、そういう風な時期に来ていると思います。
田池先生と学ばせていただいた人、20年、30年、40年……もうそろそろいいお歳です。本当に死を間近にしておられます。今世のあと残された時間、本当に自分が生まれてきた、今世、肉体を持たせていただいたこと、学びにつながったこと、本当に、心から心から「ありがとう」と言って時間を閉じていこうと、真剣に思われる方と共に学んでいきたいというのが「私の本音」です。
数はいらないんです。今回も300名を切る人数なんですけれど、私の中では10名あればいいし、100名あれば御の字なんです。本当に、本当に「欲」ではなくて、ただただひたすらひたすら「愛へ帰る道」を一歩、一歩、着実に歩んでいこうという方、そういう学びの友と「ともに瞑想」して、今世の時間を過ごしていきたいというか、終わっていきたいという思いがありますので、これから「ともに瞑想会」、色々な方向に行くと思いますけれど、「ともに瞑想会」のほうに私の軸足を向けていこうと、今、思っております。
まあ。「地域の学ぶ場」がしっかりある方は、そこでしっかりと学んでいってください。どこに集まろうが、「ただ一本の道」を歩いていくんだという方向に心を定めれば、もう行先は同じです。目指す先は同じです。ただ「欲の思い」だけで集うというか、もうそういう時期ではございません。残り少ない時間です。この時間、肉持つ時間を大切にしていこうと、心の底から思っております。(桐生敏明 採録)
posted by ユーティーエーブック at 11:46| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1940



1940) 何を思って死ねるのか。どんな状況で肉を置いていく時が来ようとも、死ぬ瞬間、心の針を合わせていけると確信していますか。
肉ではできません。肉でそうしようと思っていても、その時、肉体的に苦痛を伴っているかもしれません。意識が朦朧としている中かもしれません。
心の針を合わせていける確信とはいったいどういうことを言うのでしょうか。
肉では決して推し量れない意識の世界です。ただ、肉でできることはいつも思うことを忘れないようにするということだけかもしれません。
日々、色々とある中で、どんなに忙しくまた心が乱れても、それでもふうっと思える瞬間があります。平時ではもちろんのこと、いつも思うは田池留吉の姿勢で肉を持つ時間を過ごすということになるかと思います。
形の世界を死守することはできません。影は死守できません。初めから何もなかったんです。総崩れというけれど、元々何もなかった世界へ戻していくだけです。何もない。だけどあります。ともにある喜びと幸せは永遠に無くなりません。
posted by ユーティーエーブック at 11:42| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月01日

2127



2127) ただただひたすらに田池留吉を思う、アルバートを呼ぶ、そういう意識の世界になっていますか。思えることが呼べることが、それ自体がもう喜びなんです。どんなに思いたかったか、呼びたかったか。けれど、哀しいかな、思う方向が分からなかったし、呼ぶことすらできないほど自分の作ってきた真っ暗闇の重圧の中に自分を押さえ込んできた私達でした。
知ってください。認めてください。まず知ることです。息もできない重圧の中に自分を閉じ込めてきたんです。そのことを心で感じられればそれでいいんですが、今の段階でまだ心にピンと来ていない人は、さあどうしましょうか。
目の前にある形の世界が自分達の現実ではないんです。現実は、今も言いましたように、息もできない重圧の中に自分を閉じ込めているということです。
自分の現実を心で分かる、知る、これほどの愛はなし。
posted by ユーティーエーブック at 09:18| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月23日

2114



2114) 日々色々とあると思います。たとえば体調不良のときもあれば、身体の調子はいいけれど、心がざわつく、後ろから追い立てられるようで落ち着かないときもあるかもしれません。色々と大波小波があるでしょう。けれど、思ってください。幸せではないですか。しっかりと思えなくても雑念だらけでも、思おうとするその思いが嬉しい、幸せではないですか。
周りを見渡せば、たとえ肉は元気で忙しい毎日で充実していると思っていても、ふっと時間ができたとき、過ぎる思いがあるのを、大抵の人は感じているのでないでしょうか。ただ、それをしっかりと確認することなく、また忙しい日常に戻っていくことを繰り返し、肉を持つ時間を閉じていくということだと思います。
それでは、何のために生まれてきたのか、本当の人生の目的をまた分からずにということになります。空しさだけ、寂しさだけ、その他真っ暗闇を置き去りにして、肉を持ち肉を置いていく、そういう転生の繰り返しから、今世を境にして抜け出していってください。
それが今世を転換期にという実践です。愚かな肉はそれでいいんです。ただ心を中に向けて本当に愚かだった自分を知っていく、そんな肉を持つ時間としてまいりましょう。
posted by ユーティーエーブック at 08:33| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月22日

2020年8月22日「ともに瞑想会」でのメッセージ


posted by ユーティーエーブック at 17:54| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月15日

2106




2106) とことん苦しんでとことん行き詰まって、けれど、そこから諦めずに投げ出さずに、自分にしっかりと問うていきましょう。なぜ今自分はここにいるのかと。自分はなぜ生まれてきたのかと。
生半可な学びではありません。どの程度心で感じておられるか分かりませんが、自分を肉から意識へと転回していくことが急務だと、これから250年、300年の僅かな時間に自分に突きつけていくでしょう。自ずと、それぞれの転生は大変、大変厳しいものになってきます。
そのつもりで、今の肉を持つ間にできる限り学んでいきましょう。
今世は今世で色々とあるでしょうが、これからの転生はそれにも増して、いえ比べることができないほどすごい転生だと私は感じています。
失意のまま流れに翻弄されるのではなくて、心の針を自分の中に中に、今世感じた温もり、喜び、安らぎ、広がりの自分の世界に、ただ心を向けて合わせてただ一点を思う、そういうことです。それがそれぞれに何度か用意されて、そして最終時期へと自分を進めていく、そういう計画かどうか、自分に問うてみてください。
posted by ユーティーエーブック at 21:01| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月25日

2083



2083) 何を選び、どう生きていくか、それはそれぞれの問題です。学びに繋がり、学んできた時間がそれぞれにあります。学びに関する資料も充分にあります。あとはそれをどう活用していくかでしょう。本気になって自分の生きていく方向を見極めていこうとする思いが大切です。
生半可な思いのままでは、愛に帰ることはできないということです。
生半可な思い、それは心に握った他力の世界をそのままにしてはという意味です。どんなに苦しい中から這い上がってきたか、あなたも自分の心で感じておられると思います。
肉の自分だけが自分ではない、はっきりとしっかりと心に分かって、そしてその中で、どう生きていくのか、何を思っていくのか、本当に個々の問題です。個々の問題ですが、それとは関係なく意識の流れは仕事をします、しています。
愛へ帰る意識の流れの中で、ともに喜びと幸せ、安らぎを味わっていきましょう。愛へ帰る、元あったところへ帰る道しかありません。あとは全部、偽物、苦しみの世界です。
posted by ユーティーエーブック at 16:16| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月16日

2073



2073) 乱暴に生きてきた、思いの世界を蹴散らし、思うことを軽んじて生きてきた、そう思います。形の世界にのみ自分を向け、その中でいかに生きていくか、そんな算段ばかりをしてきたと思います。
肉で生きてきた哀れな自分、みすぼらしい自分、温もりの自分の世界、喜びの自分の世界を感じていけばいくほどに、そんな自分の姿が露わになってきます。
取り繕っても、修復しても、空しくて切なくて何とも言えない思いを感じてきました。それが地獄の叫びでした。心の奥底から絞り出すような叫び、思いに重いぶ厚い蓋をして、自分を閉じ込めてきた、それが肉として生きるということでした。
形を見ればどんなに華やかで煌びやかでも、本当の自分を捨て去り忘れ去った心の中は、本当にみすぼらしいものだということ、それを心から知っていくことが待たれている、そういうことです。
全部自分の心で分かることです。勇気を持って、自分と真向かいになって、本当の自分とともに生きていく道を選び取っていきましょう。
posted by ユーティーエーブック at 10:29| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月12日

2069


本物の世界を心で知るためには、偽物の世界は偽物だとお伝えする必要があります。偽物だから崩れていくのです。形も何もない状態になっていくのです。崩壊が苦しみではありません。崩壊は喜びです。偽物の世界だと自らに知らしめるように意識は流れていきます。意識の流れです。意識の流れからのメッセージです。
愛へ帰ることを約束してきたから、それは忠実に遂行されていきます。喜びの世界があるだけだからです。喜びに帰ろう、温もりに帰ろう、元あったところへ帰ろう、呼び掛けいざないは、さらに大きなうねりとなって、心に迫ってきます。喜びで迫ってきます。「はい」と答えて「はい」と応じて、そして、私達のふるさとへともに帰っていきましょう。
母なる意識の中へひとつになって溶け込んでいける喜びと幸せ、安らぎ、これこそ私達がずっとずっと待ち望んできたことでした。
伝えてくれてありがとう。田池留吉、アルバート、本当の自分からのメッセージ、確かに確かに受け取り、私達は必ず帰ってまいります。
posted by ユーティーエーブック at 09:39| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

2057の最後のセンテンス



意識の流れです。世の中の流れではなく、意識の流れをそれぞれの心の中にしっかりと確認して、自らの歩みを進めてください。前に進めてください。喜びで進めてください。
みんなで帰ろう、ともに帰ろう、大きな流れが意識の流れがうねりを増して、私達に迫ってきます。受けてください。そして、ひとつに溶け合っていきましょう。
posted by ユーティーエーブック at 15:58| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

2052



2052) しっかりとした中心棒を自分の中に確立すること、これがすべてです。
やがてそれぞれ肉を置いてそれぞれの世界へ戻っていきます。誰もいません。何もありません。ただ自分の思いの世界があるだけです。そこでどうするのか、何を思うのか、その現実を今、肉を持っている今、学んでくださいということです。
肉という実感ある中で学んでいる学びは、その現実から遠く離れているのではないでしょうか。肉を持っている今は、肉に逃げることもできるし、肉で誤魔化すこともできます。その中で学んでいると言っても本当のところどうなんでしょうか。
と言って、恐れおののくことでもないし、心を小さくする必要など全くありません。そうです、私達の本当の世界は喜びだけです。どんな自分の世界も受け入れて受け止めてくれている温かな本当の優しさ、温もり、安らぎの中に生き続けていることを、しっかりと心で分かっていけばいいのです。肉を持っている今だからこそ学べるんです。その今を本当に大切にしていきましょう。
posted by ユーティーエーブック at 15:48| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

2050



2050) 肉からの脱却、勇気が要ります。形ある中にあって、それが現実の世界だと信じて微動だにしない流れの中で、この思いを貫いていくのには、それ相当の覚悟、決断、勇気が要ります。
けれど、自分の心で感じ響き渡ってくる波動、エネルギーにはかないません。すごいです。寄せては返す波。温もりです。喜びです。しっかりとその中に抱かれているこの安心感にはかないません。
帰りたい、帰ります、帰ってきなさい、思いがひとつになって、そしてともにある喜びと幸せが心を埋め尽くしていく、そんな瞑想の時間を繰り返し持ってください。持てるように今世の学びの歩みを進めてください。
元々喜びだったのに幸せだったのに、喜びと幸せを追い求めてきた愚かな私達です。元あったところへ自分を返していく、たったそれだけなのに、本当に遠い遠い道のりとなりました。全部自分が選んできたこととはいえ、本当に愚劣の極という表現が浮かんできます。
愚劣の極が己一番と闘ってきた、いいえ、愚劣の極だからこそ、そういうことを平気で得意げにやってこれたんだと、自分の来し方をしっかりと確認してください。
posted by ユーティーエーブック at 09:28| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする