2022年11月04日

UTAの輪の中でともに学ぼう 2955


2955) 力強く優しく厳しく真っ直ぐに伝えくる波動に呼応していく喜びだけが、自らを真実の方向へいざなっていきます。
肉へ心を傾けていけば、もうご承知のようにそれは苦しみの中に、自らを沈めていく結果となります。一時の喜びと幸せ、不安と恐怖と背中合わせの喜びと幸せ、もう充分苦しみました。そうではない、そうではなくて、色褪せることのない喜びと幸せ、裏も表もない喜びと幸せの世界に帰っていきましょう。
帰る方法はただひとつです。心の針の向け先を知り確定することです。田池留吉に心を向けて合わせていく難しさを実感しながら、それでもただただ思うということをやるだけです。真っ暗な中で生き続けてきた心の叫びをしっかりと受け止めて、その自分とともに思いましょう。温もりへ帰ろう、母の元へ帰ろうと思いましょう。
posted by ユーティーエーブック at 17:22| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください