2022年08月28日

UTAの輪の中でともに学ぼう 2885


2885) 形ある肉の時間には限りがあります。その限られた時間の中で、どのように自分を知り、自分の生き方、自分というものを間違えてきたかを知り、そしてどのようにあることが本当なのかと、心で分かっていくには、あまりにも困難なことでしょう。けれど、その限られた肉を持つ時間があるから、自分の間違いを知っていくことができる、間違い続けてきたことを心から知る喜びの時を持つことができるんです。
もうこんなことは皆さん百も承知のことだと思いますが、それでは肉から意識への転回についてはどうでしょうか。自分に用意した肉、環境、その時間を大切に、本当の自分と出会っていく喜びを深めておられますか。
何を選び何を大切にしているか、自分にいつも問いかけて確認して、今世の出会いが本当に自分の転換期となるように、心で学んでいきましょう。世の中の流れは濁流。その中に身を置きながら意識の流れを知りその流れとともに生きていく自己の確立に努めてください。
posted by ユーティーエーブック at 08:19| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください