2021年12月03日

UTAの輪の中で共に学ぼう 2619


2619) 優しい母の温もりの中で、伸び伸びとそして安らいでいた自分を思い出してください。何もなかったんです。ただそこにあることが幸せで嬉しい、安らぎの中で何も思い煩うことなく抱かれていることが幸せでした。
みんなどなたもその心の記憶があります。そんな自分の元へ帰りましょう。遙か遠くに捨て去ったけれど、帰ろうという呼び掛け、いざないがようやく、心に届き始めています。その呼び掛け、いざないは、これまでもいつもいつもあったけれど、私達が気付けなかっただけのことでした。
肉に埋もれてしまった心の中には、そんなもので生きていくことはできない、幸せになんかなれないと、あざ笑う思いが充満していくのでした。それよりもこっちだこっちだと、思いは外へ外へ向いていくのでした。
今という時を迎えて、ようやく自分の中へ中へ心の針を向け合わせていくことを学ばせていただきました。自分の中に真実があった、本当のことがあった、私は愛でしたという真実の声に、思いに、ようやく心を向けようとしています。どうぞ、心で気付き始めた方から、真摯に自分の生き方を変えていきましょう。こちらですよという本当の自分からの呼び掛け、いざないに応えていってください。
posted by ユーティーエーブック at 20:27| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください