2021年11月27日

UTAの輪の中で共に学ぼう 2613


2613) 何も難しいことはありませんでした。頭を過信していては、学びは難しいかもしれませんが、自分の心で感じる喜びと幸せを信じていけば、自ずと自分の中が広がっていきます。それが私達の本来だからです。心で感じることよりも、頭を使って分かっていこうとしてきたんですね、私達は。
田池留吉を思い、アルバートを思い、そして心に広がっていく波動の中にあったことを自分に伝えてください。
素直に何も思わずに思うということをやってみてください。何も思わずに思う、難しいですか。要するに、思うという先に何もない、何も求めないということです。何らかの欲を抱えて瞑想をするということが、どんなに愚劣なことなのか分かりますか。
みんな母の温もりを捨ててきたから、欲を欲とも思えないところまで落ちてしまったんですね。欲を持つことが、自分を成長させるものだと、いつの間にかそれが普通になってしまったのではないでしょうか。
そうではなかった。ただ本当にひたすらに純粋に、思う喜びと思える喜びを感じてみてください。ここしかない、そう私達が帰るところはここだ、心が伝えてきます。
posted by ユーティーエーブック at 18:00| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください