2019年10月08日

1731



肝心要の世界が自分の中で確立しているかどうなのか、まずは自己診断をして、自己判断をして、そこから自ら出した答えに沿って生きていってください。自ずと取捨選択する道が定まっていくでしょう。
それでも肉に流れていく傾向があります。学びも肉も上手くバランスを取ってという考えは根深く心に残っているのではないでしょうか。
それはあまりにも浅はかです。バランスなんて取れません。肉は上手く渡り合っているつもりでも、それは意識の世界を軽く軽く見ているということだと私は思っています。
どんなに間違い続けてきた歴史が深いか。それを今世の学び始めから250年後の本番に向けて修正するという計画なのだから、それはそれはこれからの転生に自分を繋いでいく厳しさ、険しさは際立っていると感じています。
今世は千載一遇のチャンスという表現を心に叩き込んでください。
そんなことはない、次の転生もその次の転生もチャンスだ、そして何より250年後の本番があるではないかと思われているかもしれません。なるほどそうかもしれません。これからの転生はあなたにとってチャンスです。そして、どなたにも公平に250年後の本番に自分を用意しています。
しかし、それもこれも、今世学びに触れた意識にとっては、今世の学び如何によっては、事情が違ってくるということも決して見逃せないことなのではないでしょうか。本当にそうなのかどうなのか、それはあなたの中に聞いてみてください。
【関連する記事】
posted by ユーティーエーブック at 19:07| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください