2018年04月14日

宇宙を思って瞑想しましょう_1081



1178) 苦しみの奥底へさらに奥底へ沈んでいくか、それとも苦しみの奥底の底から浮き上がってくるか、ふたつにひとつです。そして、それは全部自己選択、自己責任です。誰も何も救ってくれない、助けてくれません。
いいえ、もうすでに浮き上がっていく手立ては示されています。それが今世、今という時でした。「愛であるあなたに気付いてください。」ストレートにメッセージを聞きました。こんな幸せな転生はなかったはずです。
道を外し、自ら落ちていった過去。今を変えていきましょう。今を変えれば、過去も未来も変わっていきます。意識の世界には今しかないからです。
過去、肉を持った、そして未来に肉を持つ、けれど、数々の肉に関わらず、自分の世界はひとつしかありません。ひとつ、それは私は愛だという確信です。私達は目覚めるために、肉を持ってきます。だから、肉は苦しみではなく、喜びだと、意識を転回していけば、そう言えるでしょう。
田池留吉の世界がその肉を通して、意識の世界の本当の喜びはもちろん、肉の世界の本当の喜びも伝えてくれました。
【関連する記事】
posted by ユーティーエーブック at 18:37| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください