2020年12月11日

2242



2242) どれだけの時を経てきたでしょうか。みんな今世の今という時に出会うためのものでした。心に蓄えてきたエネルギーの凄さは半端なものではありません。山を崩し島を沈めてきたエネルギーです。心で納得していますか。自分の中の凄まじいエネルギー、瞬間噴き上がる凄まじいエネルギーを実生活の中で体験するということは、これほど恵まれた環境はないでしょう。心穏やかに暮らしていても、心の中は荒れ狂っているとはつゆ知らずにいるほうが不幸せな人生だと言えるでしょう。肉を離せば分かるからです。けれど、それでは時遅し、過去と同じ過ちの中から抜け出れないことになります。肉、肉で生きていく愚かさに、肉を持っている間に心で気付かなければなりません。肉でどんなに幸せであっても、それは違う、私達は肉ではないからです。肉でないのに肉で幸せであれば幸せというのは矛盾も甚だしいです。けれど、それは意識の転回ということを知らなければ、何のことかさっぱりと分からないということになるのは当然です。
基盤が違えばみんな違ってきます。そのことを学ぶ学びです。山を崩し島を沈めてきたエネルギーの質の変換です。喜んで取り組んでいきましょう。
posted by ユーティーエーブック at 21:27| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする