2019年01月29日

宇宙を思って瞑想しましょう 1487



思うは田池留吉。思うは田池留吉一筋。これ以外に幸せの自分を知っていく方法はありません。喜びの自分を心から感じて知っていく道はありません。
ここが本当に自分の中でそうだと分かったならば、今世生まれてきて本当によかった、ありがとうと必ず、必ずなっていきます。
生れてこれてよかった、ありがとう、心から思いが沸き起こってくる喜びと幸せ、これに勝るものは何もありません。どんなにお金を積んでもお金と引き換えにできるものではありません。
そんなこと百も承知かもしれませんが、それを頭ではなくて心から、心から感じてみてください。
田池留吉、アルバートと呼ぶことが、思うことがどんなに幸せなことなのか、宇宙を思うことが、意識の流れの中にある自分を知っていくことが、どんなに幸せなことなのか、何度も、何度も、繰り返し、繰り返し、深く、深く感じる瞑想をしていきましょう。
瞑想です。正しい瞑想を重ねていける喜びを満喫していきましょう。
posted by ユーティーエーブック at 18:14| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇宙を思って瞑想しましょう 1469



心を軽くしましょう。背負っているものをひとつ離し、ふたつ離していきましょう。たくさんのものを抱えたまま、重い背中のままでは、真っ直ぐに軽やかに歩むことはできません。背中の荷物を降ろし、そしてもっと自由に軽やかに生きていける喜びを味わってみませんか。
心ひとつで生まれてきたんです。だから、心ひとつで死んでいきましょう。
できることならば、生まれてきた心をほんの少しでも明るく開いて、そして温もりの中へ自分の心を自分を戻していこうと、肉を持っている今、学べたならば、最高に幸せな人生の時間となるでしょう。
できるんです。なぜならば、私達はそう自分に約束して学びに集ってきたからです。今世の私達、今世、学びに集ってきた人はみんな、そう自分に固い約束をしてきたことに間違いはありません。
ただし、過去からの思いの重圧から自分を解き放つことが難しいというのも現実だから、そう計画通りにはなかなかうまくいかないかもしれませんが、それでも、日々正しい瞑想をして、そんな自分の中の思いに触れていってください。それぞれに起こってくる現象はみんなそれを待っています。
posted by ユーティーエーブック at 07:17| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇宙を思って瞑想しましょう 1488



真実の世界は単純な世界でした。難しい言葉を連ねて分かる世界ではありませんでした。母の温もりの中で安らいでいたあの感覚を思い起こせばいいんです。ただ、肉で生きている間は、それが本当の喜びの道だなんて到底分かりません。そこをないがしろにしているから、うまくいっているかのように見えても、それは一時のことで、必ず躓きがあります。その躓きの修復は、形の世界から何とかできるものではないけれども、何とかできると思ってしまいます。そこが大きな落とし穴でした。このことに気づくのに、私達は長い時間を要しました。今世、学びに出会ってようやく、そうだったんだと繰り返し伝えていただきました。
形ある世界は、不公平、不平等、持つ者、持たざる者、出来る人、出来ない人、千差万別です。常に頂点を目指し競争して勝者が笑う、この図式は時代が移り変わろうとも同じです。肉を持つものすべてが間違ってきたのに、私は正しい、間違っていないと互いに主張するから、そこにはいつも闘いのエネルギーがまん延していきます。完膚なきまでに叩きのめすことを繰り返しやってきたのです。
闘いを好んで常に覇者でなければならない、そうして自分を落とし込めてきたことにもなかなか気付けなかったというのが現実のところだったのではないでしょうか。
posted by ユーティーエーブック at 03:45| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする