2020年04月11日

1967




1967) まだまだ気付きの道は遠し、けれど、意識の世界はその方向にしっかりと向いています。根底から形の世界が崩れ去っていく時を、私達人類が目の当たりにするのは、もうそんなに遠くではありません。そして、それぞれの意識の世界が、意識の流れの計画に乗り遅れている、それが現実だということは、はっきりとしています。
形の世界だけを追っていく、求めていく愚劣な自分達だと、どの時点で心で知っていくか、それには250年、300年という時間はあまりにも短いでしょう。ということは、必然的に凄い現象、想像を遥かに超える現象が待っているということになります。
みんな私達が計画していることです。私達は本当に自分のふるさとへ帰りたいという切なる思いを抱えて、この地球上で何度も転生をしてきたということ、それを今世、学びに触れた意識は先駆的に自分の中で確認しているに過ぎません。集大成は250年後の三次元最終時期です。
分からない、信じられない、学びに触れながらもそういう思いを出している方達が残念ながらまだまだいます。その現実を踏まえつつも、それは大したことではないとメッセージが来ます。
意識の流れは着実に粛々と流れている、ともにいざ行かん、そんなメッセージが来ます。ともにある喜びと幸せ、ともにある今を心は伝えてきます。
あとはそれぞれの選択に任せなさいということでしょう。
posted by ユーティーエーブック at 16:02| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

1959



1959) 肉を持っている今、今を本当に大切にしましょう。自分を大切にする、自分の思い、切なる思いを大切にして、そして、その切なる思いを、今世を境にして実現する方向へ舵を切っていきましょう。
なぜ生まれてきたのか、このことが自分の中で本当に分かるということが、待たれています。
肉、肉の中で、肉、形を本物とする中で、どんなに努力しても、生命と財産を守るためにあらゆる手段を尽くしても、ダメなんです。
ダメだということを、これからの時間、僅か250年、300年かけて自らに知らしめる、そんな意識の流れの計画が遂行されていきます。
これは止められません。ただ流れの中でどのように自分の思いを変えていくか、つまりは本当の自分に目覚めていくか、それだけです。
あとは、何もありません。300年の猶予期間があります。それを逃したら、肉を持てない環境の中で、どのように存在していくのか、それぞれの心で知っていってください。
厳しいようだけれど、しかしあるのは喜びだけです。本当の自分達の世界へ戻っていこう、帰ろうという呼び掛け、いざないの思いに、その波動の世界に触れてみたら分かります。どんなに待ってくれているか、信じて信じて待ってくれている思いを、どうぞ、あなたも本当にその心で感じ深く味わってください。
posted by ユーティーエーブック at 09:32| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

1957



1957) 何が間違いだったのか、今もなぜ間違い続けているのか、心で気付き始めた方から、修正です。気付いた方からやり始めればいいんです。誰のためでもない、それが私達が本当に望んできたことでした。愛へ帰る、心のふるさと、愛、母なる宇宙へ帰る、実行してください。
繰り返します。あなたの頭など何の役にも立ちません。意識の世界のあなたを知っていくのに、あなたの頭を使わないでください。
それは自分を愚弄する行為です。その思いの底に眠るエネルギーを感じられたならば、もう何もありません。どんなに愚劣な自分だったかが、手に取るように分かるからです。
意識の流れを自分の中に呼び起こし、そしてその流れの中でしっかりと自分の行く末を感じてください。
もう待ったなしです。私は、私達は帰ります。私のふるさと、愛へ、母なる宇宙へ帰ります。そのために今の肉があり、田池留吉、アルバートの意識、波動の世界との出会いがありました。
あなたは手ごたえを感じていますか。今世肉を用意して、学んできた手ごたえを感じていますか。自分に伝えることができていますか。250年後の出会い、必ず果たしてください。自分の中で確認をしてください。
posted by ユーティーエーブック at 11:06| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

第15回ライブ「ともに瞑想を」朗読

posted by ユーティーエーブック at 15:51| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第18回UTAの輪セミナー/セミナー資料から



わたしたちは肉ではありません。意識、波動、エネルギーです。このことをあなたの心でしっかりと知っていきましょう。心で知っていくんです。心で知るということはどういうことでしょうか。
あなたの心の中を見るということです。
心はいつも動いています。あなたは、意識、波動、エネルギーです。今も、今もあなたの心は動いています。あなたが生き続けている証拠です。あなたは肉を動かしているから、生きているのではありません。あなたはその意識の世界で今も動き続けているんです。活動しています。その活動がどんな活動なのか、自分の心を見て知ってください。エネルギーを感じていってください。
瞬間出すエネルギー、そのエネルギーこそ自分自身です。だから、そのエネルギーを忌み嫌うことなく、自分の中の温もり、優しさ、喜びの中にどんどん、どんどん吸収していってください。
その仕事をしてまいりましょう。肉を持ってきた私達です。これが肉を持ってきた意味です。
私達は凄まじいエネルギーを蓄えてきました。肉を本物とする中で、凄まじいエネルギーを垂れ流してきました。これこそ我の世界なりと。
どんなに立派な文言を並べようが、凄まじいエネルギーで自分の宇宙を汚しまくってきた愚かな自分達だったということに気付いていくべきなんです。もうその時期は到来しています。どうぞしっかりと心を見ていきましょう。そして、心を見ていく中で、あなたの中の宇宙を思う瞑想を始めてみてください。母の温もりをしっかりと心に感じていると思うならば、その母の温もりの中で、あなたが作り続けてきた宇宙、闇黒の宇宙をどんどん
思い起こしてください。その宇宙こそ、私達が帰るべき宇宙、母なる宇宙が呼んでいるんです。闇黒の宇宙をどんどんどんどん溶かしていきましょうと、溶かしていってくださいと、そして、母なる宇宙へひとつになって進んできなさいと母なる宇宙からの呼び掛け、いざないがあります。
これが250年、300年に至る時間の中で私達がするべきことなんです。250年後の再会を目指しましょう。250年後、肉を持って、そして私達は再び、あの母なる宇宙へ帰ろう、次元を超えていきましょうといういざないを、肉を通して感じることができます。
もちろん、肉のない仲間達もたくさん、たくさんいます。
肉のあるなしに関わらず、私達は心をひとつにして、母なる宇宙へ帰る、次元を超えていくという大きな、大きな意識の流れの計画に沿って存在していく喜び。その喜びを今、肉を持っている今、肉を通してあなたの心にどんどんどんどん伝えていってください。
posted by ユーティーエーブック at 15:40| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする