2018年07月28日

宇宙を思って瞑想しましょう 1300



自分の生き方、価値観、それらがすべて全く見当違いだったことを、今世の肉を通してようやく自分に伝えることができました。大きな成果でした。
自分の生きていく方向をしっかりと見定めて、本来の自分の軌道に戻していこうと自らをいざなっているこの愛のエネルギーを、心から感じていける喜びの中にあります。
肉に塗れ、肉こそすべてと生きてきた思いを心にしっかりと認め、そしてそんな自分とともに生き直していけるチャンスを今世いただきました。
田池留吉の意識との出会い、真実の波動を感じさせていただいて、これで歩みを曲げては、もうどうしようもありません。
千載一遇のチャンスでした。自分を蘇らせていってくださいと信じて信じて待ってくれていた思いに触れ、心から泣きました。中から突き上げてくる懺悔の思いがとても心地よかった。肉、形の世界では決して味わえない体験でした。
お金で幸せになれない。神もダメ。神の声を聞いてどんなに狂ってきたか、自分をないがしろにしてきた結果をたくさん、たくさん受けてきました。
それを伝えてくれて、そして、私とあなたはひとつだと言ってくれた思いを裏切ることはもうあってはならないんです。
心して学びましょう。
posted by ユーティーエーブック at 21:13| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

宇宙を思って瞑想しましょう 1279



1279)の前半部分の朗読になります。
目を閉じて思う、ただ思う。田池留吉を思う。出会いを思う。そして、しっかりと自分に問いかけてください。
私は意識の流れを信じているかと。
意識の流れが伝える次元移行をどう感じているかと。
肉が本物だとする思いがまだまだ根深くあるのではないかと。
先日の橿原セミナーで巫女という言葉を出しました。巫女の思いを引きずったまま今世を迎えた私達だったことをあなたはどのように思っておられますか。
posted by ユーティーエーブック at 10:53| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇宙を思って瞑想しましょう 1277



間違ってきたことを喜んで認めそして受け入れていく、それができる今が嬉しいとなってくる、そうなってくれば、どんなにすごい凄まじいエネルギーを感じようとも、それで自分を落とし込めたり、そのエネルギーを助長したりはしません。自分を見失うこともありません。
きちんと自分と向き合っていくことがどんなに自分にとって優しいことなのかということに尽きます。自分を自分の優しさ、温もりで包んでいく喜びの中にあったことを感じて、ただただ嬉しいでしょう。嬉しくてありがたくてというふうになってくるはずです。
それが私達です。自分の中の優しさ、温もり、喜び、ただそれを信じて信じて生まれ変わっていきましょう。
ありがとう、心から心から自分に伝えていける喜びの道を、ともにともに歩いてまいりましょう。
posted by ユーティーエーブック at 10:38| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

宇宙を思って瞑想しましょう 1274



金の力も神の力も全く通用しない。それがこれからさらに益々明らかになっていきます。嬉しいです。どんな苦しい時を生きてきたか。苦しんで苦しんで狂ってきた真っ暗闇の中で、もがけども、もがけども、真っ暗闇の中でした。
そんな自分の中に、やっと、やっとひとつの解答が見えてきました。そこを突破口にして、見事脱出する道がようやく見えてきました。
こんな嬉しいことはないです。目に映る形の世界は見る影もなく大きく様相が変わっているけれど、それでも、それでもあったんです。帰る道があったんです。愛を捨て苦しみの中を彷徨い続けてきた中で、愛へ帰る道を見つけた、これは本当に奇跡と表現しても決して大げさなものではありませんでした。
奇跡ではないよ、田池留吉、アルバートの思いが来ます。ですが、田池留吉、アルバートの意識の世界、波動の世界と出会わせていただいたことが私達にとっては奇跡なんです、そう私の中から一斉に声を上げています。
喜びの雄叫びを250年後に噴き出していく準備を万全に整えて、今世の日本とお別れです。
posted by ユーティーエーブック at 09:38| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

宇宙を思って瞑想しましょう 1272



1272) 今日から2018年後半スタートです。そして橿原セミナーです。橿原の地でこうしてみんなとともに学ぶ時間を持てることをただ喜んでいきましょう。
田池先生とともに何度も学ばせていただいたところです。琵琶湖セミナーもそうですが、ここ橿原にも思い出がたくさんあります。
二上山を眺めながら巫女の心を温もりの中へ、愛の中へいざなってまいりましょう。
そこのところを引き金にして、どうぞアマテラスの思いをどんどん解き放していく瞑想に取り組んでください。
田池留吉の肉は無けれども、私達の中の田池留吉の世界は永遠に無くなりません。それが私達だからです。
二泊三日、肉の心と身体はリラックスさせて、しかし、意識の世界はしっかりと針を向ける合わせることをやっていきましょう。
これからも、想定内、想定外を問わず、様々な事が起こってきます。意識の世界を揺らす大きなエネルギーが存在します。ともに歩みを、ともに学びを、そういざない続けてくれている田池留吉、アルバートの思いを心で受けてください。
posted by ユーティーエーブック at 18:57| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする