2018年09月03日

宇宙を思って瞑想しましょう 1336



一人ひとりが選択決断そして実行していく道です。愛に帰る道は大変険しいです。厳しいです。しかし、この道は同時に喜びです。そして喜びの道は愛へ帰る道だけです。
肉、形を本物としてきた世界が、あちらからもこちらからも崩れていくことを通して、その世界が違っていることをはっきりと示します。
肉、形の世界が本物の世界であるならば、形を崩す必要がどこにあるのでしょうか。
崩れていく形の世界を見て聞いて体験して、それぞれの心に上がってくる思いを確認して、ああ自分達は何もかも間違えてとらえて生きてきたんだと、一人ひとりがその心で気付いていく時間が必要です。
闇に沈んだままなのか、そこから抜け出して本来の明るい温もりの喜びの世界に戻っていくのか、ふたつにひとつの選択がどなたの目の前にも突き付けられます。自らに突き付けてそして自ら選んでいく道は、愛ゆえの厳しさであり本当の優しさではないでしょうか。
posted by ユーティーエーブック at 10:46| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

宇宙を思って瞑想しましょう 1325

posted by ユーティーエーブック at 21:27| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

宇宙を思って瞑想しましょう 1325



思う喜びと大切さを学んでください。思う喜びとそしてその大切さです。
肉を本物とする思いの中で、何の疑問も抱かずに生きてきた長い時間があります。その中で、どんなに頑張ってみても、その結果として得たと思った幸せや喜びは泡と消えていくという体験は山ほどあるでしょう。
また、俗世間から断絶して修行と称して、神に、仏に身命を賭する生涯であっても、行き着く先は真っ暗闇だったということも、もうそれぞれの心で感じておられる頃でしょう。
今世の肉を通して学びに繋がっている今、この今を大切に、自分の本当に生きていく方向を見極めてください。見極めていきましょう。
それが喜びなんです。それが本当の幸せの道なんです。
神も仏も何も要らないんです。何の役にも立たない、いいえ役に立たないどころか、それが諸悪の根源です。お金があれば幸せになれるといった話も全部嘘です。
狂い続けてきた中にいました。どうぞ、そのことに早く心から目覚めてください。
posted by ユーティーエーブック at 09:46| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

宇宙を思って瞑想しましょう 1322



自分が出してきたものはみんな自分で回収していかなければなりません。
自分が出してきたもの、出してきた思い、エネルギーです。
学びに集った今世も、学びに集う前の時があります。肉として生きることしか知らなかった時間があります。もちろん、学びに集ってからも、ああこういうことがみんな違っていたんだなあと自分の心で気付くまで、闇のエネルギーの垂れ流し状態は続きます。
回収作業に取りかかるまで、時間がかかります。それでも、心で気付いた人からその作業を始めましょう。
そして少しずつでも、本当の喜び、幸せの道を歩き始めましょう。
まずは自分からです。自分自身が本当に喜び、幸せとはこういうものだと心で分からない限り、状況は何も変わらないということを知ってください。根本的に何も変わっていないことを、形を変え色々なところから自らに示していきます。自らが自らに示していくということ、それも忘れてはいけないことです。愛ゆえに歪みは必ず正されるということでしょう。
posted by ユーティーエーブック at 10:51| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇宙を思って瞑想しましょう 1320



日々間違いだらけの自分を見ています。間違い、失敗の山積みの転生を抱えての今だから、それは当然のことです。
それでも信じて待ってくれていた、本当に待ってくれていた自分の思いに触れていける今世を持ちました。
どんなに間違い狂い続けても、あなたは愛だと変わらずに伝えてくれた波動と出会いました。
あなたは愛だ、そう本当に私は愛なのか、瞑想を重ねてきました。その結果が形としての本に残されています。
意識の世界は留まることなく限りなく広がっていく世界です。ここまでという限界などありません。その中で私達ができることは、ただひとつです。
正しく思うことです。思うは田池留吉と、どこまで純粋に思い続けていくことができるか、その過程では、形の世界で様々なことが起こってくるでしょう。それでも、それでも思うは田池留吉と心から真摯に選び取っていけるかどうか、大きな大きな局面をそれぞれに用意しています。
posted by ユーティーエーブック at 10:36| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする