2016年11月15日

意識の流れ 増補改訂版12



「意識の流れ 増補改訂版」12回目の配信になります。

我が人生に悔いなし、本当にそうでしょうか。では、あなたの人生とは一体何なのでしょうか。あなたが死ぬその瞬間までが、あなたの人生なのでしょうか。

第十二回目の今日は、第5章、前編、「ここで「死」ということに触れてみましょう。」80ページから85ページを読み進めていきます。
posted by ユーティーエーブック at 17:33| Comment(0) | 意識の流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

意識の流れ 増補改訂版11



「意識の流れ 増補改訂版」11回目の配信になります。

本当のあなたとは何ですか。
本当のあなたはその肉ではなく意識であると伝えました。本当のあなた自身に出会うために、あなたは肉というものをお母さんからもらって生まれてくるのです。

第十一回目の今日は、第4章、後編「本当の人生、本当の喜び、そして、本当のあなたとは」74ページからページを読み進めていきます。

posted by ユーティーエーブック at 14:34| Comment(0) | 意識の流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

意識の流れ 増補改訂版10



「意識の流れ 増補改訂版」10回目の配信になります。

生まれてきた意味も自分の本質も何も知らないまま、ただ、時の流れの中で浮き沈みの人生を送られているに過ぎない。果たして、それで幸せ、喜びの人生と言えるでしょうか。

第十回目の今日は、第4章、前編「本当の人生、本当の喜び、そして、本当のあなたとは」69ページから74ページを読み進めていきます。

posted by ユーティーエーブック at 09:23| Comment(0) | 意識の流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

意識の流れ 増補改訂版09



「意識の流れ 増補改訂版」9回目の配信になります。

たとえ、人生八十年、健やかに過ごされても、それから先があるのです。死ねば終わりではありません。あなたの意識の世界はずっと永遠に続いています。
ということは、あなた自身が永遠に続いているということです。

第九回目の今日は、第3章、後編「心を見るということについて」62ページから68ページを読み進めていきます。

posted by ユーティーエーブック at 14:55| Comment(0) | 意識の流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

意識の流れ 増補改訂版08



「意識の流れ 増補改訂版」8回目の配信になります。

心を見るということは、あなたの中にあるたくさんの思いに気付くということです。あなたの周りに存在する人達、あなたの周りで起こる出来事、それらによってあなたの中にある思いが引き出されていきます。その思いこそが、あなた自身なのです。あなたの心の中にあるから、その思いが引き出されてくるのです。

第八回目の今日は、第3章、中編「心を見るということについて」54ページから62ページを読み進めていきます。


posted by ユーティーエーブック at 09:28| Comment(0) | 意識の流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

意識の流れ 増補改訂版07



「意識の流れ 増補改訂版」7回目の配信になります。

心を見るというのは日常のあなたの生活の中で、あなたが今何を思い、どんな思いを出しているかを、その都度、確認していくという作業です。あなたが語り、行動する背景には、あなたの思いがあるのです。何を語り、何をしたかを重視するのではなく、その時のあなた自身の思いを自分の心の中で追っていく作業が、心を見るということです。

第七回目の今日は、第3章、前編「心を見るということについて」49ページから54ページを読み進めていきます。

posted by ユーティーエーブック at 11:05| Comment(0) | 意識の流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

意識の流れ 増補改訂版06



「意識の流れ 増補改訂版」第6回目の配信になります。

肉の世界は、はかなく消え去る影の世界です。その世界を本物として生き続けてきたのが私達人間でした。それは間違いなのです。だから、その結果を私達は自ら受けていかなければなりません。私達もまた、宇宙の中にある不変の法則に従って存在していると知らなければなりません。

第六回目の今日は、第2章、後半「私の人生すべてを懸けてお伝えしてきた真実」44ページから48ページを読み進めていきます。

posted by ユーティーエーブック at 09:59| Comment(0) | 意識の流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

意識の流れ 増補改訂版05



「意識の流れ 増補改訂版」5回目の配信になります。

また、今はどこを向いても戦争です。家庭においては夫婦、親子、嫁姑、教育の場では受験戦争、職場では企業戦争、そして、大きくは国と国、民族と民族、どちらも正義を振りかざし、自己を主張し合い、相手の息の根を止めるまで闘たたかいは続いていきます。これからますます世の中の混迷の度合いは増していくことでしょう。この流れに歯止めはかけられません。

第五回目の今日は、第2章、中編「私の人生すべてを懸けてお伝えしてきた真実」39ページから44ページを読み進めていきます。

posted by ユーティーエーブック at 10:30| Comment(0) | 意識の流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

意識の流れ 増補改訂版04



「意識の流れ 増補改訂版」4回目の配信になります。

そこで、私の言うところのコペルニクス的転回とは、次のようなことです。
「私達は肉ではなく意識です。私達は意識、波動の世界に永遠に生き続ける命、エネルギーです。」
たった二行の文章ですが、このことを私は頭ではなく、あなたの心で分かってくださいと申し上げているのです。

第四回目の今日は、第2章、前半「私の人生すべてを懸けてお伝えしてきた真実」36ページから39ページを読み進めていきます。

posted by ユーティーエーブック at 14:58| Comment(0) | 意識の流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

意識の流れ 増補改訂版03



「意識の流れ 増補改訂版」3回目の配信になります。

敵は一人もおりませんでした。これが自分の体験を通し、心が見えていく過程の中で教えてもらったことでした。敵は一人もいなかった、この思いに到達できたとき、本当に心から嬉しく思いました。
苦しみは外から来るものではなく、外から与えられるものでもないということに、私は心で気付かせてもらったのです。心を広げていくことが喜びでした。

第三回目の今日は、第1章、後半「私の人生は、セミナーとともにありました」27ページから35ページを読み進めていきます。



posted by ユーティーエーブック at 10:20| Comment(0) | 意識の流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

意識の流れ 増補改訂版02



耳で読むUTAブックの時間です。
今回も、日本ライトハウス、音訳スタッフのかたと、2010年5月に発行されました、「意識の流れ 増補改訂版」を、ともに読み進めていきたいと思います。

私は、すべての方の心に真実があり、その真実そのものがあなた自身であることをお伝えしてきました。
それは、例えば、こういったことです。今、私は、日本人として肉を持っています。
しかし、私の本当の姿は意識、波動なのです。それはあなたも同様です。今、私は、肉の私としてではなく、意識、波動の私が、あなたの心の中でこのように呼びかけています。そうです、その私とは本当のあなた自身です。本当のあなたが、「肉のあなた」に呼びかけているのです。肉の世界では、私の肉とあなたの肉は別個のものであるし、互いに今現在どんな肉であるのかも知りません。しかし、意識の私達はひとつなのです。


第二回目の今日は、第1章、前半「私の人生は、セミナーとともにありました」15ページから27ページを読み進めていきます。

posted by ユーティーエーブック at 11:26| Comment(0) | 意識の流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

意識の流れ 増補改訂版01



耳で読むUTAブックの時間です。
今回からは、日本ライトハウス、音訳スタッフのかたと、2010年5月に発行されました、「意識の流れ 増補改訂版」を、ともに読み進めていく予定です。

私は、若い頃からずっと私自身に次のような事柄について問うてきました。
目に見える世界と目に見えない世界との間は一体どうなっているのか。
私は、どこから来て、どこへ行くのか。
私はなぜ生まれてきたのか、どうして今ここにいるのか。
母親とは一体私にとってどんな存在なんだろうか。
私とは一体何者だろうか。死ぬまでに一度でいいから、本当の私に会いたい。
私が色々のことで苦しんだり、悩んだりするのはどうしてか。
今のまま精一杯生きていけばいいのか。何か間違っているのではないか。
神仏というものは本当に存在するのか。本当に私を助け、守ってくれるのか。
このまま死んでいってもいいのか。死後の世界はあるのか。天国地獄は本当にあるのか。

あなたは本当のことを知りたくはありませんか。本当のことはなんだとおもいますか。この本はそんなあなたに、あなたの心で答えてくれる一冊になってくれると信じています。

第一回目の今日は、まえがきと「はじめに」2ページから10ページを読み進めていきます。
posted by ユーティーエーブック at 14:37| Comment(0) | 意識の流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする