2020年06月25日

2050



2050) 肉からの脱却、勇気が要ります。形ある中にあって、それが現実の世界だと信じて微動だにしない流れの中で、この思いを貫いていくのには、それ相当の覚悟、決断、勇気が要ります。
けれど、自分の心で感じ響き渡ってくる波動、エネルギーにはかないません。すごいです。寄せては返す波。温もりです。喜びです。しっかりとその中に抱かれているこの安心感にはかないません。
帰りたい、帰ります、帰ってきなさい、思いがひとつになって、そしてともにある喜びと幸せが心を埋め尽くしていく、そんな瞑想の時間を繰り返し持ってください。持てるように今世の学びの歩みを進めてください。
元々喜びだったのに幸せだったのに、喜びと幸せを追い求めてきた愚かな私達です。元あったところへ自分を返していく、たったそれだけなのに、本当に遠い遠い道のりとなりました。全部自分が選んできたこととはいえ、本当に愚劣の極という表現が浮かんできます。
愚劣の極が己一番と闘ってきた、いいえ、愚劣の極だからこそ、そういうことを平気で得意げにやってこれたんだと、自分の来し方をしっかりと確認してください。
posted by ユーティーエーブック at 09:28| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください