2020年04月11日

1967




1967) まだまだ気付きの道は遠し、けれど、意識の世界はその方向にしっかりと向いています。根底から形の世界が崩れ去っていく時を、私達人類が目の当たりにするのは、もうそんなに遠くではありません。そして、それぞれの意識の世界が、意識の流れの計画に乗り遅れている、それが現実だということは、はっきりとしています。
形の世界だけを追っていく、求めていく愚劣な自分達だと、どの時点で心で知っていくか、それには250年、300年という時間はあまりにも短いでしょう。ということは、必然的に凄い現象、想像を遥かに超える現象が待っているということになります。
みんな私達が計画していることです。私達は本当に自分のふるさとへ帰りたいという切なる思いを抱えて、この地球上で何度も転生をしてきたということ、それを今世、学びに触れた意識は先駆的に自分の中で確認しているに過ぎません。集大成は250年後の三次元最終時期です。
分からない、信じられない、学びに触れながらもそういう思いを出している方達が残念ながらまだまだいます。その現実を踏まえつつも、それは大したことではないとメッセージが来ます。
意識の流れは着実に粛々と流れている、ともにいざ行かん、そんなメッセージが来ます。ともにある喜びと幸せ、ともにある今を心は伝えてきます。
あとはそれぞれの選択に任せなさいということでしょう。
posted by ユーティーエーブック at 16:02| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください