2020年01月14日

1872



1872) 正しいものなんて何もありませんでした。何もありませんでした。ここはここだけは、これだけはと頼みの綱がそれぞれにあるのではないでしょうか。ですが、ひとつ離しふたつ離していく方向に自分を進めていきましょう。完全に離していくことは難しくても緩めていく、弱めていくことは可能でしょう。とらわれなく、こだわりなく、自分を解き放していく生き方、そんな生き方が徐々に出来ていけば、楽に生きていくことが幸せなんだ、喜びなんだと感じてきます。
正しいものなんて何もなかったと心で気付いていく難しさと同じくらい、私達は元々幸せでしたと心で分かっていくことも難しいです。
幸せも喜びも温もりも形で示されてこそ実感を伴うという中に生き続けてきたから、心で感じ感じたものを信じていくことも実際は難しいのではないでしょうか。
本当に肉に生きてきた心に、波動、意識の世界だけが真実を物語るということがしっかりと浸透していくには、まだまだ時間がかかりそうです。と言っても猶予期限は300年です。まさに天変地異という展開は半端なものではありません。文字通り天変地異です。地軸が傾くんです。想像を遥かに超えた現象と言えるでしょう。
posted by ユーティーエーブック at 05:44| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

1873



1873) ともに学んでいこうと、ともに同じ方向を向いてしっかりと学んでいこうとする輪が広がっていけばいいし、固くなっていけばいいと思います。
今、肉を持って学ぶということを共有しているのだから、それは形の上からも心丈夫だと思います。そういう中において、肉は互いに喜んで学び、そして、それぞれがそれぞれの中で自己確立を目指していけば、さらに喜びが大きく広がっていく、輪が広がっていく固くなっていくということです。
そこには誰彼の垣根はありません。意識と意識の交信の中で、愛へ帰ろうの呼び掛け、いざないの波動を受け取り、流していくんです。
それを宇宙の目覚めと私は感じています。まずはアマテラスの目覚めがあって、そして、そこから闇黒の宇宙の目覚めが起きていく、それはすなわち現象界では、未曽有の天変地異をもたらすものとなっていきます。
宇宙、母なる宇宙へともに帰ろうの呼び掛け、いざない。
意識の流れが、さらに顕在化してきます。UTAの輪の中で、それをしっかりと喜びで受けてまいりましょう。
posted by ユーティーエーブック at 21:52| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

第17回UTAの輪セミナー巻頭言



宇宙を汚しに汚しまくってきた私達です。ですが、母なる宇宙はいつでも帰っておいで、帰っておいでと、手を広げ、心を広げ、私達を迎え入れてくれています。
どうぞ、その思いを心にしっかりと広げていってください。目指すは母なる宇宙、愛、心のふるさとです。 私達の心のふるさと愛、母なる宇宙へともに、ともに帰ってまいりましょう。
心をしっかりと見てください。あなたの中の凄まじいエネルギーをしっかりと見てください。他力の道をまっしぐらに生きてきた私達です。どうぞ、その思いをしっかりと見てください。あなたの中に温もり、優しさ、喜びのあなたが生きています。そのあなたを信じて、信じていけるように、まずは他力の道を歩いてきたあなた自身をしっかりと確認してください。
私は宇宙に向けて瞑想をしましょうと呼び掛けています。 宇宙を思う瞑想は喜びです。 宇宙を思うことは恐怖ではございません。ただただ宇宙を思っていきましょう。 私達はこの地球上にやってくる前、宇宙からやってきた意識です。 遥か遥か彼方からやってきた意識だとお伝えしています。どなたの心の中にもその記憶がしっかりと詰まっているんです。もう解き放してください。
地球上で転生を幾度も幾度も繰り返してきました。肉を持たせていただき、その自分の中の凄まじいエネルギーを形として見ていくように、私達は学びの時間を進めてまいりました。しかし、学びの時間だとはとらえられませんでした。人生をいかに生きるか、一人の肉の人間としてどのような時間を過ごしていくか、どのように喜びの道を歩いていくか、全く、分からなかった私達です。全く道を間違えてきました。道を間違えて生き続けてきた私達です。今も地球上の殆どすベての人と言ってもいいでしょう、自分の心を見ることを知らない意識達は、自分の道をまだまだ、まだまだ見っけられません。その中でしっかりと自分の生きていく道を見ていく方向に歩んでいける私達は本当に幸せ者です。
そして、その私達に宇宙を思う瞑想をしましょうと呼び掛けてくれるいざないがあります。どうぞ、しっかりと田池留吉、アルバートの方向に自分の心の針を向けて合わせて、宇宙を思う瞑想をしていってください。
宇宙、私達の帰るところは、あの母なる宇宙です。喜び、喜び、喜びだけの世界です。母なる宇宙、それは決して遠い、遠い存在ではありません。
私達はあの宇宙、母なる宇宙ヘ帰るために、こうして、今、学びを進めています。肉の時間をどのように過ごしていくか、どのように費やしていくか、何にエネルギーを傾けていくか、それは皆さん、それぞれに係っています。田池留吉、アルバートの波動の中に生き続けている自分達だったということを、一人でも多くの方が心に感じられるように、今世の時間を過ごしていただきたいです。同時期に肉を持たせていただき、同時期に学びに集わせていただき、こんなに幸せなことはございません。
宇宙を汚しに汚しまくってきた私達です。ですが、母なる宇宙はいつでも帰っておいで、帰っておいでと、手を広げ、心を広げ、私達を迎え人れてくれています。
どうぞ、その思いを心にしっかりと広げていってください。目指すは母なる宇宙、愛、心のふるさとです。私達の心のふるさと、愛、母なる宇宙ヘともに、ともに帰ってまいりましょう。
posted by ユーティーエーブック at 05:21| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

1789



1789) 地に足をつけて、着実に自分の学びの歩みを進めていくことが大切です。
生れてきた本当の意味を心で知り、喜びの中で自分の蓄えてきたエネルギーを感じ、そのエネルギー、自分自身が本来の自分に戻っていける今を喜んでいけること、これが最高に幸せな人生です。
肉、肉で生きてきた砂を噛むような虚しい人生、寂しい人生だけにはもうしたくない、中が叫びます。
今の肉だけが私ではない、私は私の時間は途切れることなくずっと続いていたんだ、これからもずっと続いていくんだ、しっかりとはっきりとこの思いを抱えて、みんなみんな学んでいきましょう。
ようやく、やっと、やっと巡り合えたという喜び、その実感をどうぞ、あなたもあなたの心で深く、深く味わってください。
宇宙、懐かしいあの宇宙へともに、ともに帰ろう。
posted by ユーティーエーブック at 19:24| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1777



1777) 本当の意味で賢い人になりましょう。頭がどんなに切れても、頭の回転かよくても、世間に通用する心得があっても、そんなものはほんのつかの間のものです。そんな儚い喜びや幸せはもういいんです。と私は思います。
一時の喜び、幸せでもいいですか。肉はなるほど心地良いかもしれません。色々なことに恵まれ、肉の思い通りに生きていければ、万々歳の人生だと本心から思っておられる人が圧倒的でしょう。
しかし、私達は肉という形を持っていないから、肉の喜びとか幸せをどんなに重ねようとも、私達の深部には届きません。
一瞬のうちに消え去っていく儚いものを追い求め、結果、呪いや恨みや、不安、恐怖、空しさ等の底なしの真っ暗闇へ自分を落としていった数々の転生を心にどっさりと抱えて、今世、大切なひとつの肉を自分に用意してきたという事実を、決して軽く受けてはなりません。
今世です。今世をあなたの転換期にしてくださいというメッセージを繰り返します。
私は、私達は帰ります。もうすでに250年後、300年後を射程距離に、母なる宇宙を目指していく喜びの中にあります。
どうぞ、ご自分の歩みを確かなものに。そして必ず、必ず、次元移行をともにしてまいりましょう。
posted by ユーティーエーブック at 07:31| Comment(0) | 宇宙を思って瞑想しましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする